udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

2010 DESIGN TIDE

:: Posted at 2010-1101 23:10 | 画像連載 | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[design]2010 DESIGN TIDE

DESIGNTIDE

LEEF
leefleteer

FFLOATING
floatingvase

AIR FREAM
AIR FRAME:フラットバーでフレームを作り、中をアクリルの透明板で補強してある(写真はカタログから:左はフレームだけでリンゴ一つで歪んでいるが右側はアクリルで補強してあるので人が乗っても大丈夫、かな)

EDA1
eda:極めて繊細でカラフル

EDA2
eda:会場に組み立てられている様子(天井からテグスらしきもので吊っては有るが)

SUZUMO
提灯:なのでたためる!

KIKUT
キノコの形をした
「ドコノコタッラキノコ・・・」あれ!http://www.youtube.com/watch?v=YnMrouwbihk

椅子の足
季節柄、脚には靴下!

KULMS
Kulms Chair:一見、型でプライウッドを加工したように見えるが、実際は18mmの合板を椅子の断面の形に切って並べて行ったものだそうだ。時代が変わると物の作り方まで変わる・・・。

会場
会場風景:一見無秩序に見えるが、極めてシステマティックに作られていて、このフレームの秩序にすべてが押えこまれているような気がしないでもない。もっと自由に!ならねば、と思うが・・・。


今年もデザイナーズウイークの時期になってしまった。前半は天候が思わしくなく、イベント関係者は心労が絶えないのではないかと思うが、今日もまずまずの天気だった。今日、建築家協会のアーキテクツガーデンの搬入展示の後、東京ミッドタウンで開催されている「DESIGN TIDE」https://designtide.jp/へ。ミッドタウンに会場が移されてから3回目と言うことになるだろうか、なんとなく「飼いならされた」ものになってしまったような気もする。原宿や国立競技場で行われていた頃のチョット荒削りで自由なイメージから、綺麗でこじんまりしたものに変質したように思える。まあ、どちらが良いとか悪いとかではなく、東京ミッドタウンと言うメジャーな「場所」の避けて通れない「変質」か・・・。
まあ、それはそれとして、興味を引くプロジェクトは結構ある。今日は余り時間が無いので、いくつか楽しかったプロジェクトを上げておくだけにとどめておくことに。
leef letter  https://designtide.jp/tide2010/exhibition/?page=3これはNEO GREENと言う植物を扱うお店のプロジェクトだが、むかし木の葉に傷を付けてその変色を利用して手紙にしたと言うことから、木の葉の形をした便箋がそのまま手紙になるというアイデア。郵政省時代「タラヨウ」を手紙の樹として全国の郵便局に植樹する仕事をしたことがあるが、その時のことを思い出した。
Floating Vase システムとしては実にシンプルなもので樹脂のジョウゴのようなものに花を挿し水に浮かべると言うものだが、姿がとても美しい。縁日の金魚すくいを思い浮かべてしまったが、もちろん池に浮かぶハスの花、かな。浮かべるスペースが問題だが、とにかく見た目が良い!
時間が無いので今日はこれだけ、明日以降少し追加したい。⇒「eda」以下追加 
■会場:東京ミッドタウンホール
■会期:2010 年10月29日(金)~11月3日(水)
■時間:11:00~21:00(最終日入場16:00まで)
■入場料:1000円


[days]  アーキテクツガーデン

アーキテクツガーデン


■これも恒例の建築家協会アーキテクツガーデンhttp://www.jia-kanto.org/AG2009/、「メモ展」を建築交流部会で参加、その準備に朝の9時から、昼過ぎまで京橋のINAX
スポンサーサイト
更新日
2010-1101
カテゴリ
画像連載
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

竹原義二展 素の建築

:: Posted at 2010-0427 17:21 | 画像連載 | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[建築]竹原義二展

間1
「素の建築」展チラシ:表

間2
「素の建築」展チラシ:裏(両方表?)


久しぶりに乃木坂の「ギャラリー間」での展覧会の案内。竹原義二http://atoruk.com/muu/index_3.htmと言えば関西の代表的住宅作家、と言ってよいだろうか、「美建」を経て1978年に「無有建築工房」を設立している。
やはり東京から見ていると関西の建築家はどこか個性がある、と言うか、石井修氏の「美建」が特徴的なのかもしれない。それも「目神山」と言う地域に立つ住宅が特徴的だったようにも思える。その地形に溶け込む建築が印象的な作品群で1986年の建築学会賞を受賞している⇒http://biken-tomo.com/osamuhomepage/ishiprof.html 
今回は石井修氏の展覧会では無くて、竹原義二氏の「素の建築Just as it is」の展覧会。そのチラシに有る竹原氏のコメントの一部を引用しておく。

その時代、そこに有る素材、そこにある技術を継ぎ接ぎながら肉薄してつくられてきた古建築は、不揃いであることや粗さを許容し、剥き出しの姿の中に建築の生き様を今に見せる。均質にする技術、綺麗に磨く技術を追い求めるあまり見失われていく構造美や素材美を、現代の手仕事によって見出し、素の生き様を見せるとき、二次元の紙の上には完結することのない、場の力が再現される。

ちょっと力が入り過ぎて分かりにくいような気もするが、このコメントに関西のある位置を占める住宅作家の心意気のようなものがにじんでいるようにも思える。「むかし」の村野藤吾氏と吉田五十八氏に見られるような関西と関東の微妙な文化の違いのようなものが、まだ残っているように思えないこともない。
■会場:ギャラリー間(乃木坂)http://www.toto.co.jp/gallerma/
■会期:2010年4月14日(水)-6月19日(土)
■時間:11:00-18:00(金曜日のみ19:00まで)
■入場無料(日・月・祝日は休館)


[days] 天板

天板1
テール天板、立てかけてあるところ。長さ≒2050mm、幅最大≒700mm、厚さ60mm、重量?(凄く重い!)

天板研摩
かなり汚れも傷みもひどいので、ジスクサンダーでまずは本来の木肌を取り戻す作業。一日サンダーかけてると、携帯電話を握ると携帯が振動しているのかと思えるほど手が痺れてる。

模型1
重量が有るので、倒れたら大変、脚には気を使う。こんな感じの脚をデザイン、組み立てたところでもう一度転倒しないかチェックする予定。

模型2
脚は床に合わせて焦茶色にする予定。

■casbeeの仕事がなんとなく一段落し、リフォームの1軒が工事発注まで来たところで、昨日からずっと止まっていたテーブルの作成に入ったが、一日中ジスクサンダーや鋸で仕事をしていたら、体中に疲れが溜まった感じで、体力の衰えを痛感。今日も午前中は曇りだったので作業の続き、テーブルの脚の形を検討した案で(位置は若干修正)決めて、固定用の「長ネジ(M6・長さ100mm)」の位置にドリルで穴をあけるところまで進めた。とにかく材料は有るもので、と言うか、天板に使いたい板が有ったので以前リフォームをした「o-house」のテーブルを作ることにしたわけだが、脚はアガチスとヒバ。なんでアガチスとヒバなのかと言うと何も理由は無くて、先にヒバを加工したら、材料が足りず、残りはアガチスで作ることになった。計画的でないと言えばそうなのだが、材料がほこりまみれで同じ樹種かと思って作業を始めたところ、独特の香りと黄色がかった木肌の色でヒバと気が付いた、他に杉もあったが幅が少し違うので残ったのがアガチス。ヒバは個性的だがアガチスには余りそう言った材料としての押しの強さは無いように思える。上手く出来るか、とにかく天板が60㎜の厚さでかなり重い、広葉樹なのだが樹種が分からない、色や木肌からするとケヤキでないことは間違いないようだが・・・。

[days-2] 

傘
早速記念撮影、オランダ製で形が個性的

■今日、極々々近しい知人の一家からプレゼントが届いた。携帯用の雨傘で形が個性的な「SENZ Umbrellashttp://webdb.scope.ne.jp/senz/mini/(実験ムービーが楽しい)、ちょうど携帯用の傘が壊れてしまっていたところなので、極めてタイミングの良いプレゼント!なくさないように大事に使わないと。

 
[画像連載] 建築家の家 今井兼次氏邸

今井1
配置1階平面図、何とも素朴な図面で出版された頃のおおらかさがにじみ出ていて、良い!

今井2
2階平面図

今井3
外観、下北沢と言うことだが、どの辺りにあったのだろう?

今井3-1
玄関と言うことだが、写真のせいか扉の高さがかなり低いように見える・・・。

今4
寝室(余り住宅は得意ではないのだろうか)

今5
応接室(2階の写真が無いのは残念!)

今日は久しぶりに、「建築家の家」を掲載。今井兼次氏の自邸、以前一度紹介したことが有るが、「建築家の家」を順番に掲載しているので、まあ、「再掲」と言うことになるが。
http://udf.blog2.fc2.com/blog-entry-230.html 
http://udf.blog2.fc2.com/blog-entry-231.html 
なんとなく、と言うか、完全にダブっているが・・・。昔の方が丁寧にblogを書いていたような・・・。

更新日
2010-0427
カテゴリ
画像連載
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

URBAN NOMAD展

:: Posted at 2010-0111 20:01 | 画像連載 | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[design]URBAN NOMAD展

UN
展覧会DM 表

UN-2
展覧会DM 裏

恒例の松屋銀座http://www.matsuya.com/ginza/evcal.htmlで開催される「URBAN NOMAD展」。なかなか行く機会がないが今回こそ・・・、と、毎回書いているが相変わらず見に行けないまま、今回も結構日程的には厳しそうだが・・・。
ホームページhttp://www.urbannomad.co.jp/(イベント欄参照)を見るとアジア系の家具や小物も扱っているようだが、今回の展示会はヨーロッパのものも展示されるようだ。以下はDMの案内。

新春のアーバンノマド展は、東洋の繊細な感性と巧が生み出す品々に加え、パリ、ニューヨークのクリエーター達による作品も紹介します。
ぜひお出掛けください。


■会場:松屋銀座7階シーズンズスタジオhttp://www.matsuya.com/ginza/art/index.html
■会期: 2010年1月6日(水)− 2010年1月18日(月)
■時間:10:00~20:00
■入場無料


[days] 




[画像連載] 建築家の家

建築家の家 表紙
表紙:建物は土浦亀城氏の自邸。今でもそのままに近い形で、関係者の方が住まわれている。

建築家の家1-1頁
内表紙:1-1頁

建築家の家目次1-2
作品掲載の建築家のリストと、それぞれの「ひとこと」が初めに掲載されている。

建築家の家1-3
巻頭言は9頁あるので、次回に続きを載せることに。巻頭言に登場する順番と写真集の順番が逆と言うおかしな編集方針があり、若干具合が悪いところもあるが、まあ、それはやむを得ぬこととご容赦願うことに。

今回は、昭和9年4月1日初版印刷(同3日発行)の、洪洋社発行の「建築家の家 巻一」を連載することにする。この本は一部を以前紹介したことがあるが、今回は全頁を取り上げ、なおかつ少し大きめの写真で、建物の様子が分かりやすいようにしたいと思うが、いかんせん元の本が「それなりに」劣化しているので、そこのところは「それなりに」と言うことになる。時間が有れば建築家の解説など付けようかとも思うが、なにしろ生活が優先すなわち仕事が優先するので、どの程度のことができるかは分からない。
とりあえず今日は表紙と目次あたりを。


更新日
2010-0111
カテゴリ
画像連載
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

和蘭近代住宅-7

:: Posted at 2009-1008 21:17 | 画像連載 | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[画像連載] 和蘭近代住宅-7

和蘭住宅
和蘭近代住宅15-16頁 設計:ヤンセン氏(ゴルッセル)

今日も2頁分で解説は無し!
とうとう時間が無くなってしまって、[画像連載]がトップに来てしまった。展覧会情報はまた時間がある時に・・・。


[days]インプラントとジェラシックパーク

インプラント
インプラント画像:下記サイトから

犬1
MUJIの前で留守番の犬(へたっているが・・・)

犬2
チョット「憂い」を持っているが、歳を重ねた結果・・・。

MUJI
今日の成果物

■昨日、以前からぐらついていた差し歯が取れてしまい、急きょかかりつけの歯医者さんに治療に出かけた。そこで、テレビで恐竜の映画を見たがとても面白かったと先生が話していたが、「今恐竜がいたら大変だ、草をみんな食べられてしまう」と言っていた、恐竜が絶滅したのはそうなるべくしてなった結果だと言うことのようだ。続けて、歯も抜けるべくして抜ける、歯槽膿漏になって歯が抜けるのは、身体が歯を排除する必要からそうするので、歯は必要に応じて身体から離れるように造られているのだと。そう言うことだから、差し歯を支えられなくなったら、入れ歯にすべきだと言うことらしい。入れ歯は必要に応じて外すことが出来る、その点インプラントは、骨に固定してしまうので、歯本来の必要であれば身体から外すことが出来る、と言う機能を持っていないことになり良くない、と言うことらしい。分かったような分からないような話だが、正しい論理ではないかと思った。さあどんなものだろう?
インプラントについて⇒http://www.implant-consul.com/clinic/000212.php
■昨夜からひどい風と雨だったが、午後から天気も良くなったのでMUJIに買い物に。ちょうど10%OFF期間中だったのでインナーバッグなどを購入。
更新日
2009-1008
カテゴリ
画像連載
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。