udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

Library-亀倉雄策の本棚から-展

:: Posted at 2010-0925 13:46 | gourmet | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[design]Library亀倉雄策の本棚から

亀倉-1
チラシ:如何にも貴重そうな本が並んでいる

亀倉-2
チラシ:往年の亀倉雄策氏

デザイナー関係の展覧会と言えば、そのデザイナーの作品が並ぶと言うのが一般的だと思うが、今回の展覧会は、著名なデザイナーがどのような書籍に興味を持ち、どのような蔵書が有ったのかを展示すると言う、ちょっと変わった展覧会。その著名なデザイナーとは、日本のグラフィックデザインを確立したデザイナーの一人である亀倉雄策氏。言うまでもなく、東京オリンピックのポスターやグッドデザインマーク、NTTのシンボルマークなどを手がけ、82年の生涯を閉じるまで、常にトップを走り続けていた(展覧会チラシを参照)デザイナーである。亀倉氏が集めていた作品集や書籍は1万冊を超えているそうだが、今回の展覧会ではその中から厳選された数100点が公開されるとのこと、さらにその多くが実際に閲覧することが出来ると展覧会の案内に書かれている。亀倉氏の作品と共に、建築を含めて一体どのようなものに亀倉氏が興味を持っていたのか、そのことにも興味があるので、久しぶりに「G8」に出かけてみたいと思っている。
亀倉雄策氏についてはこのblogでも時々取り上げている(http://udf.blog2.fc2.com/blog-entry-373.htmlなど)。
■会場:G8http://rcc.recruit.co.jp/g8/
■会期:2010 年9月21日(火)~10月8日(金)
■時間:11:00~19:00(日・祝休館)
■入場無料


[days] 伊豆高原盛衰

ダムカード
「ダムカード」:管理事務所に行くといただける!

ダム+人
雨が少なかったせいか水量は少なめ(人が邪魔だが)

ダム・オーバーフロー
いわゆる「オーバフロー」部分だが、大きい!ここまで水が来たらかなりな迫力なのでは。

ダム構造2
ダムと水の流れ図

ふみ
ふみ:分かりにくい場所、桜並木の裏側

ふみ日替丼
日替丼:安価でボリューム満点

大室山
大室山

大室山リフト
お土産に「もみじ饅頭」を買いに行ったが売店は改修中(リフトは動いていた)

リフト
山肌はススキで覆われている

庭の彼岸花
庭に咲いていた黄色い彼岸花

刺身
このところ、必ず一度は「カネミツ水産」のお刺身で夕食にする(今回は3人前)

仲秋の名月
仲秋の名月:別荘の近くの坂道で(月明かりで海が明るかった、ほぼ大島の上に月が昇ってくる)

■先日久しぶりに伊豆高原に休養に出かけた。暑さが続き少々バテ気味でもあったので、温泉三昧で心身ともにリフレッシュ。風邪が治っていないし、「五十肩」も現在進行中でどうもさえない日々だが、ここいらでそろそろ「立ち上がる」準備も始めないと。そんな訳で休養が一番の目的だが、奥野ダムと言うロックフィルダムの見学をしてきた。見た目、重力式ダムかと思ったが、中央土質遮水壁式ロックフィルダムhttp://www.enecho.meti.go.jp/hydraulic/device/form/top.htmlは重力式ダムとは異なるカテゴリーに入るらしい。狩野川台風の時、伊東市内を流れる「大川」が氾濫して大きな被害を出したことからこのダムの建設が行われたようだ。湖と言うのはなんとなく好きではないが、奥野ダム(松川湖)はなかなか見事な景観を持っている。■今回の伊豆でのニュースは、30年以上前から有った「ベル」と言うサンドイッチ屋さん(「おかえりなさい伊豆高原」よりhttp://izuambient.blog72.fc2.com/blog-entry-333.html)が閉店したことだろうか。今回もお昼に寄ってみたが、9月19日で閉店と言う案内が出ていた。目印であるまっ赤なロンドンバスは健在、前回寄った時は塗装が新しくなっていたようだったので、閉店になるとは思ってもいなかった。閉店と言えば、伊豆高原駅近くの「八島」も閉店した、元々自由が丘が本店なので、今後再開するのかは本店で聞けばわかるだろうが。よく立ち寄った店が無くなるのは少々さびしい。バブル崩壊後、別荘地は全般的に衰退していると思うが、ペンションなども含めて、気楽に休養をとれるような世の中になればよいと思うが・・・。そんな中でも新しく立ち寄るようになったお店も出来ている。その筆頭は「そらhttp://izu-cafesora.com/というオーガニックcaféだが、今回は2度空振りだった(定休日に行ったのと、閉店後に行ったため)。他に、その「そら」のオーナーに教えてもらった「ふみ」(「伊豆高原のページ」よりhttp://buono.resort-club.net/fumi/index.htmと言う和食屋さんもなかなか良かった。やはり何軒かは行きつけのお店を確保しておきたいものだと思う。そう言えば、「光水産(ひかりすいさん)」と思っていた「魚屋さん」は『「光水産(かねみつすいさん)』だったhttp://udf.blog2.fc2.com/blog-entry-568.html
更新日
2010-0925
カテゴリ
gourmet
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

しゃぼん玉飛んだ

:: Posted at 2009-0809 20:17 | gourmet | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[design]  しゃぼん玉飛んだ

G8-1
チラシのイラスト(北見隆氏)

G8-2
チラシ裏

170人のイラストレーターが描く日本の童謡・唱歌」と言うサブタイトルがついた「クリエイションギャラリーG8http://rcc.recruit.co.jp/g8/index.htmlでの展覧会。
日本の童謡や唱歌には、とても心温まるものが多いと思うが、現在の小中学校ではどのような状況になっているのか、皆目見当がつかない。今回の展覧会の情報(G8のサイトやチラシ)にも、出品作家のリストはあるが、取り上げられている童謡・唱歌のリストはない。
チラシに載っているのは、展覧会の名称にも使われている、「しゃぼん玉飛んだ」、「この道」、「蝶々」、「森のくまさん」、「ぞうさん」、「あぶくたった」、「とおりゃんせ」と言った感じ。
現代のように荒んだ風潮が世の中を覆っている時、こんな展覧会は気分よく見ることができるかもしれない。まあ、童謡や童話と言われるものには、かなりいろいろな背景があるものもあるようだが、まずはイラストレーションを楽しむだけでもよいかもしれない。
以前、G8ではユーミンや井上陽水の曲に合わせたイラスト展もあり、その時にはCDが同時に発売されたが、今回はそのような試みはないようだ(あれば良いのに、か)。

毎年恒例の東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)の展覧会は、今年で15回目を迎えます。
毎年様々なテーマで開催しておりますが、今年は 「日本の童謡・唱歌」 をテーマに、約170名の作家が出品します。不景気や数々の暗いニュースが多いこんな時代だからこそ、心を和ませる童謡や唱歌を見直してみました。日本の原風景を振り返り、再発見できる一服の清涼剤のような展覧会になればと考えております。会場では、各作家の作品に関するコメントも紹介し、展示作品の販売も行います。


■会場:クリエイションギャラリーG8
■会期:2009年8月24日(月)− 2009年9月18日(金)
■時間:11:00~19:00(初日のみ10:30から・作品の販売(非売品もあるらしいが)が行われる)
■入場無料


[design]  木暮奈津子 個展夏の想い出2009

MITATE-1
DM

MITATE-2

西麻布のMITATEhttp://www.le-bain.com/gallery/mitate/index.htmlホームページが見やすくなっているというか、情報量が増えている)での展覧会。早くも「夏の想い出2009」、と言うことでかなり焦りが生じるが、確かにもうすぐ8月も半ばに突入しようとしている(まだちょっと間があるが)。これからいろいろしなければならないことが沢山あり、2009年の夏の想い出はこれから本番と言うところだが、まあ、展覧会は季節に先んじてもどうと言うことはないというか、遅れたらその方がおかしい(まあ、どうでもよいが)。
木暮奈津子氏については、いつものように良く分からないので、ホームページで確認http://www.asahi-net.or.jp/~TH4K-MYS/kogure/kogure2.html
紙を使ってオブジェを作るアーティスト。
■会場:MITATE
■会期:2009年8月18日(火) 2009年8月30日(日)月曜休館
■時間:11:00~19:00(初日は13:00から、最終日は17:00まで)
■入場無料


[design]  URBANNOMAD展 

NOMAD-1
DM表

NOMAD2


恒例の「URBANNOMADhttp://www.urbannomad.co.jp/の松屋銀座での展示会。なかなか行く機会がないが今回こそ・・・。ホームページを見ると家具や小物も扱っているようだが、今回の展示会は布やアクセサリーのようだ。以下はDMの案内。

上海からは涼を誘う麻や綿の布類
パリ・ニューヨークからは若いクリエーター達のアクセサリーが多数到着しております。
ぜひお出かけください。

DMの案内で良く見えるが・・・。
■会場:松屋銀座7階シーズンスタジオ  
■会期:2009年8月11日(火)− 2009年8月24日(月)
■時間:10:00~20:00
■入場無料


[days] 茄子

茄子-1
陽は良く当たるが、時々水やりを忘れてしまう!

茄子2
小ぶりで艶はいま一つだが、チャンと茄子だ。

ブックマーク2
ブックマークバンドの小

ブックマーク
大きさはちょうど良い!

ブックマーク3
モールスキンみたいにゴムバンドで押さえられるので間に挟んだものを落とす心配が減った。

■相変わらず仕事などに追われ、なかなかblogを書いている時間がないので、今日は気になる展覧会をまとめて書いたが、展覧会以外にもいろいろあるので、それはまた時間を見ながら。
ところで2階の1畳あまりのバルコニーでいろいろ植物を育てている。日除けのゴーヤーは今年も不発で、肝心の葉っぱがなかなか大きくならないまま、すでに8月を迎えてしまった。レモンは葉っぱは勢いよく伸びるが、花も咲かないし今年の収穫はちょっと無理かも。唯一収穫のあったのは「茄子」、プランターがとても小さいのでかわいそうだが、それでも今日3つ収穫して、通算5つ食卓に並んだことになる、結構おいし。
■先日「LAMY」の展覧会を見に、打ち合わせの帰りに銀座の松屋に寄ったが、そこで「竹尾」の紙製品のブランド「Dresscohttp://dressco.jp/のブックマークバンドを7階のデザインショップで売っていたので、つい衝動買いしたが、MUJIのダイアリー(皮を張ってカスタマイズ(?)したもの)にぴったりの大きさで重宝している。台紙になっている「セビロ」と言う紙は、厚手のものをかなり前にまとめ買いして、フラットファイルを作ろうと思っているが、全然作っている時間がない・・・。

更新日
2009-0809
カテゴリ
gourmet
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

il Piatto

:: Posted at 2006-0503 21:23 | gourmet | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
il Piatto_1
il Piattoのショップ・カード

il Piatto_2
il Piattoのポスト・カード(オープン5周年記念)

[design] [gourmet]il Piatto カード

il Piatto」でちょっとしたお祝いの食事会。いつ行っても美味しく食事が出来る。お気に入りは「ほうれん草のニョッキ」、グニュっとした歯ごたえというか感触が不思議、かつ美味しい。デザートは最近は決まって「カフェ・アホガード」、アイスクリームがエスプッレソに溺れている、と言ったような意味らしいが「溺れ」具合が絶妙で「癖」になる味覚。
レジの横に珍しくカードが何種類か置かれていた。ショップカードはどことなく「花森安治風」な雰囲気のあるイラストで構成されている。ポストカードは昨年11月のもので、オープン5周年記念の案内状らしい。絵柄は、イタリアの村・タコ・カジキ?・ムール貝・オリーブ・ワインなどなど。タコがカジキに足を絡めてホークを持っているあたりが楽しいイラストになっている。他にも、いろいろポストカードを作っているようだ・・・。
ところで、我が事務所も今年で開設5周年になるので、パンフレットとチョット洒落た記念品でも、お世話になった人に贈ろうかなどと考えている。そのようなことを考えるのも結構楽しいかもしれない。


[days]東京都建築安全条例

momo_house】昨夜、敷地分割案を検討していて「路地状敷地」の建築規制が、思っていた内容と違っていることに気づき、真っ青!になった。まずいと思いつつ、朝早くから目が覚めて「東京都建築安全条例」を読み直し、緩和規定を探す(マネージャー?の情報もあり大丈夫そうだとの感触は得られていたが)。「10条の3」の「道路に接する部分の長さ」により「4m」で問題ないことを確認。「路地状敷地」と言っても、その用途や規模によって「路地」の「定義」が変わってくるので注意が必要だ。「東京都建築安全条例」にもしばらく接していなかったので、勘が鈍ったか・・・。
敷地分割案を作り、配置案を作成。敷地面積・建築面積・床面積を算出して法規制をクリアーしていることを確認後、図面をクライアント代理に送付。
吉_house】昨日の構造事務所との打合せに基づき、基礎周りを修正(サッシュ周りの土台を半割に変更)した結果、軒高に若干余裕が出た。さらに北側斜線の角度が違っていることに気がつき、またまた、真っ青!になったが「高さ検討図」から「勾配」を再確認した結果、安全側になっているのでさらに軒高を少しあげることが出来た。とは言えほとんど「逃げ」のない設計なので残りの「余裕分」は調整用に残すことに。夕方までかかって「矩計図1」の修正を終わる、ただし、屋根の架構方法が変わったので登り梁の寸法が出たところで再度修正をおこなう。
■昼食はお赤飯、夕食は3人で「il Piatto」にて会食。近所の人の話では9日に「il Piatto」がTVで放送されるらしい(「『ぷっ』すま」、らしいが?)。
憲法記念日:今日で憲法制定59年目ということになるか、来年で憲法も「還暦」、ますます活躍してもらわないと!

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


更新日
2006-0503
カテゴリ
gourmet
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

better food pure & simple

:: Posted at 2006-0201 00:22 | gourmet | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
bigot


[gourmet]BIGOT
久しぶりにごく近しい人が一時帰国、我が家を訪れる。お土産にBIGOThttp://bigot-tokyo.com/index.html 芦屋本店の公式ホームページ⇒ http://www.bigot.co.jp/ )のケーキを頂く。カラフルで見ていても楽しいケーキ、味もさっぱりしていて美味しい。「BIGOTの店」はもともと芦屋にBIGOT氏が(1972年 2月)ドンク芦屋店を譲り受け、『ビゴの店』をオープン、と言うことらしい。


ineeka1
ineekaのパッケージ缶
ineeka2
ineekaのパッケージ缶のパッケージシールとロゴマークの詳細

他にも色々お土産を頂いた。ineekaHimalayan Greenと言うティーバッグ、そのパッケージ缶のデザインとDETAILがなかなかのもの。やはりアメリカのデザインは侮りがたい。
特にそのふたの部分は手が込んでいる。つなぎ目が何処にも見られないところを見ると、おそらくスチールの一枚板をプレスで成型していると思われる。これはまあ、一般的に行われていることと思うが、その時にロゴマークや文字を同時にプレスしているようだ。
ラベルやロゴマークの打ち込んであるレイアウトが絶妙ではないかと思う。日本のお茶のメーカーも、この程度のものを市場に出せると良いのではないか。お茶そのものもorganic teaで有機栽培のようだ。


蜂蜜
蜂蜜横


次は、熊の容器に入ったPURE HONEY、これも同じお店で購入したものではないかと思う(その点については聞きそこなった)。多分、WILD OATShttp://www.wildoats.com/u/home/)-NATURAL MARKETPLACE-、キャッチフレーズは“better food pure & simple”と言うことで、米国でもおそらく自然食志向のインテリ層(?表現が不適切?)が利用するお店なのではないかと思われるが・・・?(見てきたわけではないので良くわからないけれども)
何と言っても容器が楽しい!味はまだこれからだが、きっと山の木の花の蜂蜜なのではないだろうかと、場所柄から想像してみるが、実際のところは分からない。


wildoats
WILD OATSのカタログの一部、グラフィックの処理も実に上手い!

他にもあるがそれは次の機会に。

熊手
お寿司屋さんの熊手

[Days]寿司
久しぶりの日本と言うことで、近所のお寿司屋さんに皆で出かけた。また海が荒れたのかタコが無い。例によって中トロとウニは必須、今日の中トロはいつになくチョッとコッテリ目。9時少し前に車で家まで送る。
■TOTOの高齢者施設セミナーに申し込むが定員に達していて参加できず。

更新日
2006-0201
カテゴリ
gourmet
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

鶴屋吉信 福ハ内

:: Posted at 2006-0127 22:27 | gourmet | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
福ハ内


福ハ内賛

大正時代に、山元春挙画伯が、「福ハ内」のために描いた「福ハ内」の「お多福豆」の絵と、文人画家富岡鉄斎の賛、
このうまき
大多福豆を
めしたまえ
よはひをますは
受合申す


[design][ gourmet]福ハ内
嫌なことの多い世の中ではあるが、楽しく幸せに暮らしたいもの。
また頂き物のお菓子の話だが、今日はおめでたく鶴屋吉信http://www.turuya.co.jp/の「福ハ内」。勿論節分の「豆まき」がテーマ、付属のしおりによると、

鶴屋吉信四代主人※(漢字が見つからない)堂がまだ若かりし頃の節分の日、五条の通りを過ぎると、官女姿のとある商家の幼い京娘が、お多福のお面をつけて、
「福は内
鬼は外・・・・・」
と声張り上げながら・・・・

と言うことで、片手に大きな枡を抱えて豆をまく姿の微笑ましさを、お菓子にして表現したいとして出来たものらしい。枡はそのままにして豆は「桃山」でお多福豆が表現されて「福ハ内」と名づけられた。「立春を祝う「福ハ内」は枡々繁盛の縁起が喜ばれて人気を博した、とのこと。
確かに桃山で作られた「お多福豆」は、どこかユーモラスで心が和む。勿論食しても美味しい!


G8

G8写真部門
写真部門の受賞作品:「泣くな、立て、立て!」とは書いていないが

[design]第84回ニューヨークADC展
最近なかなか見に行くことが出来ないが、G8http://www.recruit.co.jp/GG/top/top.html)での展覧会。
■会 期 :2006年2月6日(月)~3月3日(金)
土・日・祝祭日休館 入場無料
11:00A.M. ~7:00P.M.(水曜日は8:30P.M.まで)


村田


[art]俺の路・東京モンタージュ
目黒区美術館での「村田朋泰展http://www.mmat.jp/event/murata/press0.htm 。村田朋泰氏がどのような作品を作っているのか、例によって「知らなかった」が、最近注目のアニメーション作家で「パペットアニメーション(人形を使用して1コマ1コマ撮影されたアニメーション)」を駆使するようだ。Mr.Childrenのためのアニメーション(ミスチルのシングル「HERO」)もこの作家の手になる、とのこと。ミスチルのPVを余り見る機会がないので、その「パペットアニメーション」もどのようなものだったか・・・?かすかに「音楽缶」で見たような記憶があるような無いような・・・http://www.tomoyasu.net/。 

[Days]一歩前に踏み出す力
PTT-B】卒業制作関係の授業は今日で終わり、で、次は無い。ところで、若い学生にはそれぞれに必ず何らかの「可能性」が秘められている。その「可能性」を自分自身で認識できるかどうかは、その後の人生において大きな影響を持つであろうことは疑いを挟む余地は無い。学生諸君が「自らの可能性を認識する」ことで、「今出来ること」から一歩前に踏み出す力が沸くのではないか、と思いつつ授業を行っているが・・・。多くの「先生」たちは、「あなたの能力はこの程度なので、この程度のことをするように」と言う「教育」をしたがる。それはチョット哀しいかな・・・、と思ったりする。もっとも最近の若者は現状維持派が多いと言うことだが、それをあおっているのはマスコミでもあるし、小さい頃から「管理」され続けた「教育」のせいでもあるのだが、そのことはマスコミも「教育者」も決して口にしようとはしない。何故か・・・?
更新日
2006-0127
カテゴリ
gourmet
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

ページナビ