udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

夏の島

:: Posted at 2006-1126 21:22 | art | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[art] 夏の島

夏の島
DM:写真のようだが「絵」!

旧銀座アパートメントの地下の「Space Kobo&Tomo」と3階にある「巷房」の3箇所からなるギャラリーhttp://www.spinn-aker.co.jp/kobo.htm (何回か書いているが、地下は共同浴室だったらしい部分と階段下のスペース、3階は往時の面影を唯一残す部分が、ギャラリーの事務所になっていて、お願いすれば見学できる可能性があるが、最近行ってみていないのでどうだろうか?⇒http://d.hatena.ne.jp/udf/20041224)での展覧会。
小西真奈氏の個展、写真のように見えるが絵画の展覧会。小西真奈氏がどのような作家なのか存じ上げないわけだが、作品と本人が映っている写真があった⇒http://www.gaden.jp/ex_but/2006/060508artist/10660.htm  http://www.gaden.jp/ex_but/2006/060320artist/10328.htm 
■会期:12.4(月) - 12.16(土) 12:00 - 19:00 / final day 17:00 / 日曜休廊
ところで、現在は内田繁氏の展覧会を開催中の模様。
●「古田織部へのオマージュ」内田繁・粟野ユミト
●会期:11.20(月) - 12.2(土) 12:00 - 19:00 / final day 17:00 / 日曜休廊


[建築] 山崎家旧宅

山崎記事
山崎家旧宅の公開を紹介した朝日新聞の記事(11月25日朝刊)

山崎はがき
山崎家旧宅の絵葉書:見学会で配られていたもので、オリジナルが書棚に入っていた。シナ合板らしき板に書いてあった。残っているのは右側の車寄せのある玄関の後ろにある2階建ての部分、左側の部分は取り壊されて現存せず。車寄せの後ろの突出した2階部分が喫煙室。

山崎概観
蔦に被われ「朽ち果てそうな」外観。

階段
階段ステンドグラス全景。

ステンドグラス
階段部分のステンドグラス。玄関・喫煙室とステンドグラスは多用されている、階段部分は保存状態も良いように思われた。

山崎内部1
2階客室Aの暖炉など(暖炉(ガス式?)の器具本体はすでに無くなっているようだ)。

喫煙室全景

廊下の突き当たりにあり外部に突出た喫煙室、心地よさそうな喫煙室


喫煙室
喫煙室DETAIL。

椅子の一部
残された家具の一部。

図面
チョッとわかりにくいかもしれないが、数字がついている部分が現存する建物部分。


先日「ライト建築アーカイブズ日本」から連絡があり、大正期の住宅「山崎家旧宅」の一般公開があると言うことで、「吉-house」の現場打ち合わせの後、回ってみた(11月25日)。茗荷谷駅から5分程歩いた住宅街に、突如蔦に被われ朽ち果てそうになった大きな木造住宅が現れる。かなりの見学者が受付のところに集まっていて、庭のほうでは食べ物が出ていたりチョッと変わった雰囲気の見学会。
本来の建物の三分の一ほどしか残っていない状態だが、それでも表向きの部屋が残っているので、かなり痛みがひどいと言え、相当な見ごたえのあるものだった。特にステンドグラスや残っている家具には、その当時のデザインの趣向が窺える、なかなか良いものがあるように思えた。「大工仕事」だと思うが、細かな装飾も丁寧に造られている。旧小笠原邸とまではいかないが、学者の家としては素敵な「喫煙室」が当時の雰囲気を残している。
全体的に保存状態が悪いが、外壁周りを補修し、家具調度の残されたものに少し手を入れれば、大正期の住宅の遺構として文化財的な価値は十分あると思われるが、残されるものなのか解体されるものなのか?
その後、国際展示場へ、着いたのが4時だったので、「国際家具展」までは回れなかった。3箇所(それなりに体力は使うし気も使うし・・・。「吉-house」以外は事務所のパートナーと二人だったので、疲れは半減されるが)回ってその前後に図面作成と言うのはなかなかしんどい!


*[days] オープンハウス+CORTY

T邸

T邸外観(RC造2階建)

CORTY吹き抜け
CORTYの吹き抜け、駅前が様変わりした!

CORTY屋上
建物の両端に屋上がある、その新宿よりの屋上、なかなか綺麗!このフロアーにレストラン街がある。

■JIAの知人が設計した、「住宅+診療所」の内々の見学会があり、「eko-house」のクライアントと成城学園駅で待ち合わせて、拝見させていただいた。RC造の2階建てだが規模は「eko-house」よりさらに大きい。構造設計は梅沢構造研究所。1階は診療所だが回遊性のある面白い設計になっている。
その後、クライアントと古くから成城にある喫茶店で打ち合わせ(「あんや」も「ALPS」も満席だった)。
■クライアントと別れた後、最近出来た駅ビル(?)「SEIJO CORTYhttp://www.seijo-corty.jp/index.htmlを見てみた。店舗ではインテリア雑貨「KEYUCA」、「George’s」、「HANSEL&GRETEL」はチョッと面白いかもしれないが・・・。4階のレストラン街はなかなか洒落た感じのお店が入っているので一度利用してみたい。
■来週の「新日曜美術館」は「伊東豊雄」、これは見てみないと。これは「東京オペラシティアートギャラリー」で行われる伊東豊雄氏の展覧会(blog⇒http://d.hatena.ne.jp/udf/20061001)に関連した放送だと思う(「建築の“リアル”を求めて 建築家・伊東豊雄の挑戦」[S]▽現実感のある建築表現とは▽伊東の建築を考察ほか:ソニーテレビ王国案内より )。

スポンサーサイト
更新日
2006-1126
カテゴリ
art
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。