udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

ジャック・リッチーを描く

:: Posted at 2008-0925 23:32 | art | TrackBack(0) | Comment(2) | URL | TOP | EDIT
[art] ジャック・リッチーを描く

ジャックリッチー
展覧会のDM

外苑前にあるギャラリーDAZZLEhttp://gallery-dazzle.com/inf/index_j.htmlでの展覧会。ジャック・リッチー自体が「何者」か分からないというわけだが、アメリカの推理作家。どのような作品を書いているかと言うと、シリーズもの(例えば、コナンドイルのシャーロックホームズのように)では、「私立探偵カーデュラ」、「ミルウォーキー市警ヘンリー・S・ターンバックル部長刑事」等が有るようだ。残念ながら読んだことはない。
この展覧会は新進気鋭のイラストレーターに、その本の挿絵を描いてもらうという想定のようだ。作家の中にブログをよく拝見させていただいている、「シマザキミユキhttp://www.shimazakimiyuki.com/」さんが参加しており、時間を作ってぜひ拝見させていただきたいと思っている。
■会場:DAZZLE
■会期:2008年9月30日~10月12日
■開催時間:12:00~19:00(最終日17:00まで)
■入場無料


[days] 

甍
これだけの「棟」を間近ではなかなか見られないような!

■このところいろいろバタバタしておりまったくBLOGを書いている時間もない。今日は「ジャック・リッチーを描く」を紹介するために、短時間BLOGを書く時間を作ったわけだが・・・、「days」に書くことは沢山あるが資料をまとめている時間がないので、今日、極々近しい知人が入院している病院の隣にある「日本家屋」の屋根がなかなか感動的だったので載せてみた。このような住宅はもうなかなか造れるものではない。
■そのうち時間が出来たら、この間見学した住宅などの話を載せたいものだが・・・。
更新日
2008-0925
カテゴリ
art
この記事へのコメント
Comment: 2
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

ページナビ