udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

暖炉

:: Posted at 2005-1203 22:15 | 建築 | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
暖炉1

暖炉2

[建築]暖炉
今日は、先週に続いてGUILD・DESIGNの建築見学。先週はリフォームだったが、今回はかなり「ゴージャス」な住宅で、仕上げ・DETAIL共かなりなもの。庭には池があり吐水口から流れ出る心地良い水の音がしている。2階の居間には大谷石でデザインされた暖炉がある。都内で薪を使って炎を上げている暖炉は初めて見た(「お屋敷系」の使われていない暖炉は何箇所か見たが)。暖炉ではじける薪の音と、吐水口から落ちる水の音を聞くと言う、まるで夢のような住宅・・・。
暖炉集中的に見てみると、基本的に暖炉が付いている壁は木造。厚さ25mm程度の大谷石を張ってあるようだ、少し前に出ている部分は厚みのある大谷石。暖炉本体は煙突など暖炉やさんの設計施工のようだ。図面を見るとスチールの天蓋と煙道がある。
ちなみに、都内で直火の使える暖炉は区によって指導が異なるようだ。練馬区ではいくつかの条件をクリアーすれば問題ないようだ。薪の燃える臭いとかが近隣住民の苦情になるらしいが、何とも悲しい苦情だ。この住宅に来る道すがら、落ち葉を燃やしている懐かしい焚き火の臭いがしていたが、それすら苦情の対象になると言う。
40年ぐらい前、我が家は外釜の風呂で燃料は薪と石炭だったし。応接間には「だるまストーブ」を石炭でぼんぼん燃していた。世田谷のど真ん中だったがそれが普通だった。
暖炉本
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=18614487

暖炉といえば、奥村昭雄氏が頭に浮かぶが、よく燃える暖炉の設計は結構難しいらしい。「奥村昭雄のディテール」に葉山の加地邸の暖炉での燃焼実験の話が出ている。断面のスケッチがあるが、加地邸の居間の暖炉ではないかと思う。
暖炉奥村スケッチ

加地邸には何と4箇所の暖炉があり、それぞれ個性的にデザインされていて、勿論、大谷石で作られている。火に強い大理石と言うのは合理的な感じがするが、たぶん好みの問題だと思う。今回見学させていただいた住宅も、駅に至る道の途中に「向山庭園」がありそのアプローチが大谷石で出来ている。案外そんなところが採用のきっかけかと思ったが、どうやらクライアントがライトに興味を持っているようで、Robie Houseのブラケットを買ってきたとか、いろいろあるようだ。

葉山・加地邸の暖炉▼
加地邸食堂暖炉
居間暖炉
加地邸玉突室暖炉
玉突室暖炉
加地邸書斎暖炉
書斎暖炉
加地邸食堂 暖炉
食堂暖炉
加地邸暖炉図面
暖炉図面
加地邸写真図面:「住宅建築」1981年10月号より



[landscape]向山庭園

紅葉

池と茶室

豊島園の近くに、「浜口内閣時代の江木鉄大臣邸であったといわれる」向山庭園がある。高低差のある地形で、小規模な「回遊式庭園」らしきものもある。紅葉も見事でしばし散策。池に面して豪快な石組みの上に立つ茶室もある。五島美術館や根津美術館ほどではないが、こじんまりして街に潤いを与える空間になっている。


[Days]見学
■午前中はmailなどで時間が過ぎ、午後から住宅の見学。夜はなんとなく時間が過ぎていく。
更新日
2005-1203
カテゴリ
建築
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/108-3744c456

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。