udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

MILAN

:: Posted at 2006-0327 23:59 | design | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
会場1


会場2


会場3


作品




[design]MILAN

ミラノ在住のごく近しい知人の展示会場風景。展示されている作品はジュエリーで、会場は「昔、教会の鐘やミラノのドゥオモの扉などをつくっていた工場跡の建物」だそうだが、流石にヨーロッパにはさりげなくこのような建物が残されていて、デザインの活動に有効に使われているようだ。日本、特に東京の昨今の状況は、歴史ある建物にとっては悲惨な状況であることと好対照の例といえるのではないか。兎に角、日本は「野蛮な国」になってしまったのだろうかと、悲しい限り。
まあ、嘆いていても始まらないので、来年度も近代建築の見学会などを企画して、「時間の蓄積」を感じられる街の心地よさを、一人でも多くの人に知ってもらえればと思う昨今・・・。


[Days]材木運び出し

■朝から知人の倉庫に集合して、解体までに出来るだけ材木を救い出すことに。知り合いの工務店に頼んで、トラックを出してもらった。1t車なので一度に沢山は運べないため、2~3日の予定で、4~6回林場を往復してもらう計画。今日はヒバの無節正角3mものを約35本、杉の天井材3600×600の杢を8枚、米ヒバの半割3~4mものを4~50本、天然絞り杉丸太数本、スプルスの無節半割材多数、その他5000×700×30程度の針葉樹(樹種が分からない)数枚、角竹数本・・・、かなりな量を助けらそうな状況。合間に解体予定の建物から、やや古めの金物をはずす作業、堀商店のレバーハンドルが付いていたが、鍵穴に蓋が付くタイプでなかなかお洒落、他に帽子掛けも面白い金物なのではずして保管。今日はずっとその現場で過ごす。
momo-house】倉庫の材木搬出にクライアント代理が立会い、杉の杢はmomo-houseの和室に使う予定。昼に打ち合わせ、夜、プランが了承された旨の連絡が入る。本格的に実施設計の作業となる。
■やはり左肩がかなりのダメージ、と言うか頚椎か・・・。

更新日
2006-0327
カテゴリ
design
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/212-c5e60f24

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。