udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

TEPCO

:: Posted at 2006-0802 23:18 | 未分類 | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[magazine] Graph TEPCO

TEPCO
ライフサイクル24

久しぶりに「Graph TEPCO」。今月「STAMINA 無敵のカラダを取り取り戻せ!」と言うことで、「夏にバテない、食と生活のスタミナ学
内容は「スタミナ食材、何がいい?」、「スタミナ持続のライフスタイル24」、「スタミナアップの走るトレーニング法」の3本立てだが「ライフサイクル24」は参考になるかも知れない。23時に寝て、6時に起きる、さて可能か?最近歳のせいか朝早く目が覚めるので、6時起床は可能かもしれないが、23時に寝るのはなかなかキツイ。blog書いていればすぐに24時になる、おまけに「夏の快眠5か条」によると「寝る3時間前以降はものを食べない」となっているが、それはチョッと無理かもしれない。
自宅での一人事務所はどうしても生活のリズムが作りにくく、現在も自律神経失調気味の日々で頭がボーっとしている。
「Graph TEPCO 」8月号の記事は⇒http://www.tepco-switch.com/life/g-tepco/200608/index-j.html


[書籍] 中心のある家

中心のある家
本の表紙

昨日、「INAX REPORT no.167」の中で、中村好文氏の「Architect at Home」の記事について書いたが、そのスケッチはこの本のスケッチがベースになっている。この本はインデックス・コミュニケーションhttp://www.indexcomm.co.jp/と言うところで出している、「くうねるところにすむところhttp://www.mediawars.ne.jp/~tairyudo/tukan03/tukan3777.htmと言うシリーズの中の一冊。このシリーズは良く大きな書店で見かける、「みかんぐみ」・「妹島和世」・「元倉真琴」・「伊東豊雄」など建築家が「子どもたちのために書いている絵本」のシリーズ。
この阿部勤氏の本は「ぬりえ」として構成されている。中村好文氏のスケッチは、この「ぬり絵」を上手に使っていたわけである。冒頭の部分を引用しておく(とてもよくできている本だと思うので是非手元に・・・)。

わたしの案内しましょう
わたしは建築家です。
いつも住む人たちの楽しさや気持ちよさを
たいせつにして設計しています。
それは、住む人の心に関わることであり、
家は心を通して初めて、
楽しさや気持ちよさが感じられるものなのだと思います。
わたしの家もわたしが設計しました。
これから、わたしの家のしくみや環境、
そして日常使っているモノや道具などをお話しすることで、
少しでもみなさんが気持ちよい暮らしを
イメージできたらいいなと思っています。

そこで、これから案内する家の場面を、
みなさんが自由に想像できるように、
そして、気持ちよさが感じとれるようにしてもらうために
この本をむり絵本としました。
心とからだで感じながらぬってみてください。

と言うことだが、塗ってしまうにはもったいないような気もする、2冊買えばよいかも!


[days] ゴーヤーの赤い種

赤い種


実
約10CMほどで収穫

■バルコニーで日除け用に育てているゴーヤーの実が黄色くなって中から真っ赤な種が出てきた、姿はかなり強烈!まだ家に来て3,4日だがまわるく作られたものを、ネットにからませるために無理やり伸ばしたためにところどころ折れてしまったが、何とか元気に育っている。ネットから遠ざかりそうな仲間にツルを絡ませてネットに近づかせるなど、今の日本の「自分以外を大切にしない」と言う風潮とはかなり違ったゴーヤーの生き方を見ることができる・・・。
実は余り大きくならないので早めに収穫して頂いている。今日は焼きそばに入れてみたがなかなか苦味が利いていて美味しい。
世の中「ゴーヤー・フリーク」が結構いるようだ⇒http://d.hatena.ne.jp/die_kuma/20050815とか、http://www2.knb.ne.jp/asaichisaien/goya.htm とか。

白井晟一の解体

親和銀行
解体用の仮囲いの中では作業が・・・、塔屋はもう無いようだ。

以前書いたことがあるがhttp://udf.blog2.fc2.com/blog-entry-171.html親和銀行の銀座支店が解体されている。以前見たときは「三越アネックス」となっていたので、三越が上手く活用するのかと思っていたがとんでもなかった。本当に日本の社会は文化を省みなくなってしまった。白井晟一氏の建物を解体してその後にどのような建物を建てようというのだろうか・・・
eko-house】融資用の見積りと図面をクライアントに渡す。銀座で待ち合わせ1時間ほど打ち合わせ。クライアントは大変なグルメでいつもいろいろ美味しいものを頂く。今日はPIERRE MARCOLINI http://www.pierremarcolini.jp/のチョコレート、かなり美味しい。
momo-house】帰宅後、設備図に手を入れ、新たに解体図面を作成。図渡しまでもう2日しかない!!!
KGJC】成績評価表を送る。速達なのにポストの普通の郵便のほうに入れてしまった、それってどうなんだろう?
更新日
2006-0802
カテゴリ
未分類
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/271-1c8c3e40

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。