udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

SKIN+BONES

:: Posted at 2007-0602 20:52 | design | TrackBack(0) | Comment(1) | URL | TOP | EDIT
[建築+art] SKIN+BONES

国立新美術館
国立新美術館の展覧会案内チラシ

国立新美術館での展覧会http://www.nact.jp/exhibition_special/2007/skin_and_bones/index.html。今日も裏の道を通ったが、まだこの美術館は見に行っていない。完成前に仮囲いが外れて全容を現わした頃、外観を見ただけなので、賛否が分かれているらしい「空中レストラン」にも行ってみたいと思っているが。
今回の企画展は「1980年代以降の建築とファッション」というテーマで行われる。美術館のサイトによると、「ファッション」と「建築」は別々に展覧会が行われることはあったが、「建築とファッションを同時に取り上げ、それらの共通性を取り上げた展覧会は日本ではほとんど例がありません。」と言うことで、その関係性を解き明かしてくれるものと期待される。
「スキン(表面)+ボーンズ(構造)」ということでその関係性を考えることになるのだろうが、何となく「表層」(この展覧会では“スキン”を“表面”と表現しているが、これって「正しい日本語訳」?)で終わるような気がしないでもない。「ファッション」における「ボーンズ:構造」とは、何をもって「ボーンズ」と成すのだろう、俄かには理解できないので、新しい黒川紀章氏の美術館見学もかねて見に行ってみたいもの。
■会期:2007年6月6日(水)- 8月13日(月) 火曜日休館
■開館時間:10:00-18:00(金曜日は20:00まで)
■会場:国立新美術館
■主催:国立新美術館、ロサンゼルス現代美術館(MOCA)



[design] VIKA MITRICHENKA

CIBONE
CIBONEのギャラリーの案内チラシ

外苑前のベルコモンズの地下にあるCIBONEhttp://www.cibone.com/)のギャラリーでのヴィカ ミトリチェンカの陶磁作品の展示即売会(こう書くとチョッと安っぽく見えてしまうが)http://www.cibone.com/cibone_news/070402/cibone_news.html#vika
CIBONEの地下2階は何となく性格のハッキリしないショップ空間だったが、ギャラリー的な性格をいつからか持ったようだ。
CIBONE ●● GALLERY ART EXHIBITION VOL.5
■会期:2007.4.14 SAT - 2007.6.20 WED
■会場:CIBONE AOYAMA B1D
AOYAMA BELL COMMONS B1
CIBONEのサイトでの案内は以下の通り。

CIBONE●●GALLERYでは4月14日から、ベラルーシ共和国出身で現在オランダを拠点とするアーティスト、ヴィカ ミトリチェンカの陶磁作品を展示・販売します。タイトルの「おばあちゃんの宝物とおじいちゃんのお気に入り」はこのエキシビションを彩る物語。壊れてしまった大切な食器のかけらを組み合わせて、美しく新しいものとして生き返らせていたというおばあちゃんと、甘いものが大好きなおじいちゃん。物語とエキシビションをつなぎ、作品として発表されるティーポットやカップ&ソーサー、ケーキスタンドは、色鮮やかな植物や動物の柄がミックスされ、さまざまな時代や国、ストーリーをつむぎだします。ヴィカの不思議な世界をぜひ感じてみてください。




[days] 東京ミッドタウン⇒外苑前

お弁当
「平田牧場」のカツ重弁当と日本庭園(合成写真ではなくて、単にお弁当を左手で持って右手でカメラを持って写しているだけ)

サイン2


サイン1
東京ミッドタウンのサインは良く出来ていると思う。もっとも、子供が転んで角で怪我したら今時きっと「クレーム」かな?嫌な時代になってしまったので、デザインもさらに細心の注意を払わないと大変なことになる!

垂直坪庭
外苑西通りの裏道にあった大谷石の擁壁に根付いた「笹」の一種か?『垂直坪庭?』

象
246にかなり近い外苑西通りのとある裏道に「象」が宙吊りに!いろいろな趣味の人が居るもので・・・!

CAFE
hhstyle.com青山のcafe:珍しくソファーの席が空いていたので座ってみたが、やはりかなり良い。

鮪の解体
帰り道、「さかえ通り」の魚屋さんでも「太子堂」の魚屋さんのように鮪の店頭解体をしていた(やや小さいか)。

鮪のカマ
「カマ」を買って夕食のおかずに、三人で十分足りる量で、300円!安い!

■知人の結婚祝賀会でのプレゼント選びに、連れ合いと二人でバスと地下鉄を乗り継いで六本木へ。今日は天気も良いせいか、東京ミッドタウンは先日の土曜日よりもさらに賑わっていた。昼も過ぎていたので、「穴場」と思われるサントリーミュージアムのcaféでランチと思ったが、展覧会が明日終了で今日は予想外の人数の利用だったとかで、ランチは売り切れ。3階のインテリアショップを見てから、結局、地下でお弁当を買って日本庭園の池のほとりのベンチでランチ。暗く混んだ屋内での食事より、気持ちの良い風を受けながらの野外での食事も悪くない。
その後、歩いて青山墓地から外苑西通りに出て、途中「NOCEhttp://www.noce.co.jp/shop/index.php?mc=contents&pg=detail&ac=&id=19に寄って家具を見たりしながら、外苑前のCIBONEでフォトスタンドを見たが予算オーバー!かなり疲れたので、hhstyle.com青山http://www.hhstyle.com/cgi-bin/omc?port=33311&req=IDIR&code=shop_aoyamaのcafeで一休み!
■午前中は隣の玄関扉の塗装。やはり素人の仕事にしても塗りなおすと、かなり綺麗になって気分が一新する。
更新日
2007-0602
カテゴリ
design
この記事へのコメント
Comment: 1
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

gghgdhd

係性を考えることになるのだろうが、何となく「表層」(この展覧会では“スキン”を“表面”と表現しているが、これって「正しい日本語訳」?) http://www.uggspeichernboots.com/ で終わるような気がしないでもない。「ファッション」における「ボーンズ:構造」とは、何をもって「ボーンズ」と成すのだろう

投稿日
2010/11/26
投稿者
ugg boots chestnut
URL
URL
コメントの編集
編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/385-15c8a485

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。