udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

space TRY

:: Posted at 2007-1127 19:38 | art | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[art] 小島良平+高橋稔 二人展

TRY
DM:かなり「プロダクツデザイン」的な作品、と見えるが・・・。

白金の「spaceTRYhttp://www.spacetry.com/での展覧会。このところチョッとご無沙汰しているが、今回はベテラン二人の作品展。
[art]と言う切り分けにしたが、それは「DM」を見て単純にそう思っただけのこと。実際には二人とも「グラフィックデザイナー」なので、出来た作品は[design]と言う見方も出来るのだろうが、「好きなことを好きなようにカタチにしたそれぞれの作品」と言うコメントもあるし、何かの「機能」を実現するためのものではないので、デザイナーが制作した「アート」と考えてよいと思う。
「DMを見て単純にそう思った」と言うのは間違いで、最初「DM」を見たときは「オーディオ」のデザインと思ったと言うのが第一印象の正確な表現と言える。「2.5次元」のアート作品と考えて良いのだろうが、その形は余りに「デザイン」と言う顔をしている。プロダクツデザインの展覧会といっても「形」の上からはおかしくないような気もする。まあ、実際のところはどうなのだろうか・・・?
■会場:spaceTRY
■会期:2007年12月4日(火)~12月21日(金)(会期中月曜日休廊)
■時間:11:00~19:00(最終日17:00終了)


[design] agape
 
agape1
agapeのカタログ、コンセプトブック

agape2
コンパクトにまとめられたコンセプトブック、これはやや「カタログ」的ではあるが大きさが非常に気に入っている。

「agape は1973年に創立された、イタリアのバス・サニタリーブランドです。設立当時から、斬新で芸術性に優れた商品を次々と発表し、業界に強いインパクトを与えてきました。」http://www.agapejapan.jp/と言うことで、先日のデザイナーズウイークの「100%design tokyo」の会場で目にしたもの。サニタリーの「フェラーリ」と自負するだけあって、デザイン性の高さはかなりなものと言える。欧米のメーカーのカタログを見ると、その作り方がかなり違うことに驚かされる。「vitrahttp://www.vitra.com/にしても、「bulthauphttp://www.bulthaup.jp/にしてもコンセプトブックは半端ではない。「agape」のコンセプトブックもコンパクトで実に魅力的。レターサイズを一回り大きくした(規格は分からない)コンセプトブックもあり、そちらは「空間提案型」のものでそれもなかなか良くできているが、もう少し絞り込んだものになっているコンパクトなものがかなり良い。ただし日本語は無しで、イタリア語、英語、ドイツ語、フランス語それにスペイン語の5ヶ国語での解説になっている。ショールームは骨董通から小原流会館の向かいの通りに入ってすぐ、昔の「SUKENO東京」のショールームが「agape tokyo」になっているようだ。(「agape」についてかなりひどい勘違いをしていたようだ!)


[days] 柿と雀

柿と雀
ここでは2羽だが、多いときには6,7羽が近くの枝も含めて、列を成して柿を食べる順番を待っている。
柿の紅葉も渋めでなかなか良い。

■今日は朝から近隣関係の調整をFAXと電話で。庭の柿木に残った柿の実を、雀が列になって食べていた。バルコニーのドアを開けると、あっという間に飛び去るので、家の中からチョッと写真を。
■午後から「agape」の営業の人が来てしばらく情報収集。
KGJC】今日は一日断続的に明日の授業の準備、建築学会のテキストを使っているが、学会の出版物にもやはり一部修正漏れなどがあり、なかなか難しいが内容のチェックも必要となる。勿論、単なる修正漏れ的なものに過ぎないが。


代官山インスタレーション 2007 つづき

★★★★西郷山公園の「みんなのぶらんこ」と言う作品。チョッと分かりにくいが、二人が腰掛けているベンチが、空から吊り下げられているようなイメージで「ぶらんこ」に「見立て」られている。シャフトの先端が尖っていて、あたかも天に消えているかのように見える。2枚目の西側から見た写真の方が、何台もの「ぶらんこ」が空から吊り下げられている雰囲気が良く出ていると思うがどうだろう?代官山6-1
代官山6-2
代官山6-4
代官山6-5
代官山6-6


★★★「construct」と言う作品で、産業能率大学のファサードに、布と黒いテープでシドニーのテラスハウスのエレベーションが作られている。街路樹とのマッチングが良いかもしれない。代官山5-1
代官山5-2


????Ladybug」と言う作品で、(てんとう虫科)「ヨーロッパではてんとう虫は幸運を呼ぶ虫とされています。このてんとう虫を見たすべてのひとに幸運が訪れますように。」とマップに書いてあるが、見つけられなかった!ウーム、「考え落ち」として、エントランスの上に掲げられたエンブレムが「てんとう虫」みたいなので、それを「てんとう虫」に見た立てて幸運に巡り会うことにしよう!代官山4


つづきは、また明日!





更新日
2007-1127
カテゴリ
art
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/452-6280baf4

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。