udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

はしおき展

:: Posted at 2007-1216 23:26 | design | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[design] はしおき展

はしおき
DM

SPIRAL1
「9×9」展の会場風景

SPIRAL2
「9×9」展の会場風景その2

SPIRAL
グルービジョンズのカレンダーとクリスマスバージョンのSPIRAL紙袋

表参道のSPIRAL 2Fのspiral marketでの「はしおき」の展覧会。「はしおき」にはよく見ると、結構面白いものもあるし、デザインの良いものもある。小さいものなので比較的手ごろな価格と言うこともあるかもしれない。今回は18名(組)の作家さんが出展するようだ。

小さいながらも食卓を変え、気分まで変えてくれる大きな存在、はしおき。
そんなはしおきにスポットをあて、それぞれのジャンルで活躍する作家たちの個性豊かな作品を御紹介します。

と、DMの案内に書いてあった、「それぞれのジャンルで活躍する」と言うことはいろいろなジャンルの人と言うことになるが、一人も名前を知らない・・・!
■会場:spiral market
■会期:2007.12.26-2008.01.27
■時間:11:00-20:00

SPIRALと言えば、短期間だが「9×9」展が今日まで開催されていた。「グルービジョンズ」のカレンダーを買いに行ったのだが、結構面白いものが並んでいて、ついついいろいろ眺めてしまった。以下面白かったものを2,3上げておく、最近はインターネットと言う便利なものがあるので、会場で見なくても、と思うが、やはりそれは違う!
ICHIZENhttp://ichizen-jp.com/index.htmlは「MON」すなわち「家紋からインスピレーションを得、独自の発想で現代人のためにデザインしたオリジナルマーク」と言うことらしい。発想が結構面白い、缶バッチやトーとバック的な商品があるようだが、もう少しいろいろなものに展開できるような気もしないではないが・・・。「ちなみに私はケブカイMON」という若い女性デザイナーがいろいろ説明してくれたが、かなりユーモアとウイットに富んでいた。ちなみに、クリスマスバージョンと言うSPIRALの紙袋はそのひとのデザインだそうだ。
その隣のBOXには「MicroWorks」と言うhttp://www.microworks.jp/work/work06/work06.htmlやはり若手(皆若手かも)デザイナーの、1枚のプラスチックのシートからカットされた文庫本のカバーなどが置かれていた。これもかなりお洒落で、A4の同じようなファイルも置いてあったが、なかなか良いのではないかと思った。
「MON」の手前に気の玩具が有ったが、これがまたかなりのアイデアものでチョッと楽しいものだった。中山カズトhttp://kazuto.petit.cc/の作品で、これこそ実物を動かしてみないことには、いくら言葉を並べてみても分かりにくい。サイトには動画http://kazuto.petit.cc/0engine/tokyo_bbs.cgiもあるがやはり実物に触れてみるのが一番のようだ。
他にも面白いものや、デザインの良いものなどいろいろ楽しめるイベントだった。


[days] おばさんたちが案内する未来の世界

横浜
横浜の紅葉もそろそろ終盤。

BankART
BankART1929

BA1
BankART1929内部、参加者の雰囲気もなかなか良かった。

参加証
映画の参加証

昔話
「子どもと昔話」最新号

■今日はお昼前に横浜の「BankART1929」に出かけて、「おばさんたちが案内する未来の世界」と言う映画を見に行ってきた。かつて「渋谷系」音楽の発信者として小山田圭吾氏と共に一世を風靡した小沢健二氏とエリザベスコール氏と言うアメリカの女性が撮った映像に、主に小沢氏がナレーションとその場で演奏を行うと言うイベント。
映画は南米のボリビアとベネズエラの民衆を描いたもので、日本ではまず目に触れることのできない、ボリビア大統領と民衆の姿などかなり貴重な映像ではないかと思う。
話は小澤氏が「子どもと昔話」と言う雑誌で連載している、「うさぎ!」と言う「童話(小説?)」の視点から捉えられた、市場原理主義的な立場への批判、もしくは物が溢れ「普通に生きる」ことの意味を見失いがちな、現代の日本人に対する警鐘といったようなことだろうか。流石に小沢氏のナマの演奏は、かなり迫力と言うか、説得力と言うのか、「力」があるなあ、と言った感じで一見の価値があるものだった。

更新日
2007-1216
カテゴリ
design
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/461-3f85bb5a

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。