udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

風刺漫画

:: Posted at 2008-0208 23:19 | 社会 | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[社会] 近藤日出造の世界展

近藤1
チラシの表:吉田茂、福田赳夫(現総理大臣の父)、佐藤栄作、ニクソン、そんな時代と言うことだが。

近藤2
チラシの裏:対象となる政治家がずっと過去の人なので、まあ、余り「時代」と言うことでは説得力が劣るが、絵はとても上手いと思う。

グロッス
ネットではいろいろ問題があるのか、ほとんどそれらしい画像が無いので、本棚から昔、カンダの古本屋で買った、「人民の画家選書」と言うすごい名前の中の「グロッス」の本を引っ張り出してきた。発行は1949年(小生1歳)で、著者は村山知義氏。このシリーズにドーミエの本も入っているが手元には無い。

ドーミエ漫画
ドーミエも余りネットには画像が無いので、1975年に鎌倉の近代美術館で開催された展覧会のカタログから。

ドーミエ胸像
ドーミエは「風刺漫画」も良いが、なんと言っても「胸像」が魅力的、その時の展覧会で見てかなりビックリした記憶が残っている。
ネーミングも面白い、左上が「おおへいな男」、右上が「きざな奴」、左下が「おろか者」、下の右側に「皮肉屋」と言うのがあるのだがこれはスキャンからはずれた。

サブタイトルは「風刺漫画の父」となっていて、新聞と「風刺漫画」は切っても切れない縁がある。と言うか、新聞には「ジャーナリズム」として、その時代の「権力」と対峙すると言う使命があるわけで、「言葉」として行う傍ら、「漫画」と言う、より分かりやすい手段を用いると言うことのようだ。
古今東西の歴史を見て、まあ、ほとんどその世界のことは知らないとしても、ドーミエグロッス(グロス、グロース)などが政治風刺漫画の世界ではよく知られたところだと思う。
日本ではビゴーが割りとよく知られていると思うが、現代(?)では多分、近藤日出造氏の右に出るものはいないのではないだろうか。今世界的に認められている、日本の文化としての「漫画」はちょっとまた違った世界の話だと思う。
「近藤日出造」と言っても若い人は知らない名前だと思うが、絵のうまさではかなりなもの。手元に古い切抜きがまとめてあったのだが、探してみたが見つからない、丹下健三氏や俳優、将棋の升田名人等々面白いものが沢山あったので、見つかったら何枚か載せてみようと思っている(探している時間が無い)http://www.city.chikuma.nagano.jp/app/shisetsu/furusatomangakan/kondohidezo.html
■会場:日本新聞博物館http://www.pressnet.or.jp/newspark/index.html 
■会期:2008年2月16日~2008年4月20日(休館:月曜日・祝日の場合は次の日)
■開館時間:10:00~17:00(入場は16:30まで)
■入場料:一般500円(詳細はホームページで)


[days] 新年会

新年会
お店の入り口にあった「生簀」、でもこのお魚を食べたわけではないと思う・・・。

■相変わらず午前中は何か分けのわからないままに過ぎてしまう。生ゴミの微塵切りはだいぶうまくなったが、そんなものが上手くなっても何の役にも立たない!
■日本人のソールフード「お握り」で昼食をすませ、午後は【katsura-house】の平面図の修正。
■夕方から、おそめの新年会のために八重洲口の和食のお店に出かけて、2時間半ほどいろいろ懐かしい話や、現在形の情報を交換した。久しぶりの夜の外出。
更新日
2008-0208
カテゴリ
社会
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/509-f99bebd1

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。