udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

how to live

:: Posted at 2008-0227 21:14 | design | TrackBack(0) | Comment(5) | URL | TOP | EDIT
[design] how +o Live

MITATE
「how tolive」展のDM、革のバッグかと思ってしまったが、布でした!

サブタイトルは「使い込むほど魅力的になる」と言うことで、革の鞄かと思ったら布製品だった。ちなみに標題の「+o」は「to」で、「how to Live」となるらしい。もっとも、頭に「勝屋まゆみ展」というものが付く。勝屋まゆみ氏は昨年の3月にも「MITATE」で「気持ちいいのが好き!」という展覧会を開いている。その時のblogに載せたサイト(http://www.lin-net.com/ZA_HOWTOLIVE.html)に勝屋まゆみ氏のブランドとして「how to live」があったはずなのだがそのLINNET(http://www.lin-net.com)には見つけることが出来なかった(よく見ればあるのかもしれない・・・)。
どうやら、使い込んで魅力的になるのは「皮革」製品に限ったことではないようだが・・・「IN MY BASKEThttp://www.inmybasket.net/の「DAYhttp://www.inmybasket.net/ 07/05/08に勝屋まゆみ氏の紹介がある。他にも色々あるようだが、「lovely-bliss」と言うblogにも紹介されている(http://blogs.yahoo.co.jp/chiibuyer/14332636.html)。
「how to live」のホームページがあれば一番良いのだろうが。DMの案内文を引用しておく。

デザイナー勝屋まゆみさんの第3回目の企画展です。使い込むほどに使い手の個性が加わり、より魅力的になるhow to liveの布製品。生活雑貨から着るものまで、新作の春夏コレクションの展示販売と秋冬の先行オーダーを承ります。新作のタオルシリーズも合わせて販売致します。


■会場:le bain内、ギャラリーMITATE http://www.le-bain.com/gallery/index.html
■会期:3/4(tue)~3/16(sun) 11:00-19:00 (初日は13:00から 最終日は17:00まで) 月曜定休
■ 入場無料


[days] 字消版

字消板
叔父の製図道具の中にあった字消板、80歳過ぎまで図面を夜遅くまで書いていた!
左端に有るのはどこのメーカーのものか不明。
ステッドラーの字消し板http://www.staedtler.co.jp/products/04_eraser/03-eraser-plate/index.htmlは現在でも手に入る。
ツクバネ科学工業
「ツクバネ科学工業」製の字消板。かなり珍しいものではないかと思うが・・・。

テンプレート
これもチョッと珍しい、「東洋陶器株式会社」のテンプレート、これも必需品だったものだが、今は全てネットからダウンロードして張り付けるだけだが、テンプレートで書くと「形」が頭に自然と入っている。
右端のものが「VANCO」の「丸・三角・四角」一体型テンプレート。
TOTO
東洋陶器株式会社 1968年製のテンプレート

■午前中は、【katsura-house】の屋根伏図と準不燃木材、一体型軒樋などの情報を基本設計者に送る。その後は、太陽電池についての情報収集。やはりここまで環境の問題が重くのしかかってくると、パッシブ、アクティブに係わらず「太陽」の力を借りざるを得ないようだ。郵政時代に試験的に試みていた「ゼロ・エネルギー郵便局」の設計担当だった時に、もっとキチッとデータを整理しておくべきだった。実施設計の指導と設計監理を現地に任せざるを得なかった、ということはあったにせよ今にして思えばチョッと残念。
■資料を隣の書庫に持っていったときに、叔父の事務所から引き上げた荷物の中に、面白いものがあった。今では鉛筆で図面はほとんど書くことはなくなったが、「字消板」はごくまれに使うときがあるが、30年以上図面を書いていて、みたことが一度もなかったメーカーの「字消版(表示のママ)」。「ツクバネ科学工業㈱」という会社のもので、長方形の珍しい形をしている。「楕円」があるところも変わっている、きっと小さい会社だったのだろうが、今はインターネットで探しても見つからなかった。叔父は戦前から筆記道具などは、銀座の「伊東屋」に買いに行っていたようなので、「伊東屋」で扱っていたのかもしれない。他にも「VANCO」の、丸、三角、四角が一緒になった8cmの優れものテンプレートもあった。「VANCO」と言えば、数字の型板http://store.shopping.yahoo.co.jp/erfolg/vanco-1000.htmlで、どの数字を使うかが図面の見え方を左右するので、縮尺や使う場所によって「VANCO」の数字テンプレートを使い分けたものだったが、CADの図面はそう言った、楽しさというか、「創造」的な部分がいまひとつ納得いかないものがある・・・。
更新日
2008-0227
カテゴリ
design
この記事へのコメント
Comment: 5
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

ツクバネ工業

ふと思い立って「ツクバネ科学工業」で検索してみたら、ヒットしましたので拝見させていただきました。
なぜ「ツクバネ科学工業」か・・・
実は伯父の会社でした。
所在地は東京都豊島区上池袋で、ご想像の通り家族や親戚で切り回していた小さな会社でした。
取扱品目は各種テンプレートや鉄筆修正液、タイプ修正液などでした。
私の家はその近くにありましたので、母親が手伝いなどに行っており、私自身も子供ながらに手伝わされたこともありました。
つい懐かしくってコメント入れさせていただきました。

投稿日
2008/03/22
投稿者
hiro
URL
URL
コメントの編集
編集

hiro様

コメントありがとうございました。コピー機やパソコンの出現で「道具」が随分変ってしまったと思います。良かったのか?悪かったのか?一つ言えることは、人間の持っている能力の一部が、間違いなく置き換わってきていることだと思います。
「鉄筆修正液」と言うものがあることは知りませんでした。昔は「ガリ版」で、ガリガリと「鉄筆」で書いて謄写版でせっせとビラを刷ったものです・・・(と、知人から聞きました???)。「鉄筆」で直線的に書く字は、図面に書く字にとても似ていました。
いろいろ懐かしいです!

投稿日
2008/03/22
投稿者
udf
URL
URL
コメントの編集
編集

字消し板は今でも製図試験時に必需品です。
ツクバネ科学工業さんのものは、写真のステンレス製の他に透明樹脂製のものがありました。私自身現場や事務所で愛用していました。学校関係の仕事をするようになってからは、教材として、毎年150枚ほど配っていました。25年のおつきあいでしたが、突然の入手不可にあわてました。これに変わるものが中々見つからず、結局、特注しました。もし、復活することがあるなら、また、ツクバネ科学工業さんの「字消版」を使いたいです。

投稿日
2010/01/15
投稿者
Pey
URL
URL
コメントの編集
編集

Pey様

コメントありがとうございます。
確かに建築士の試験などは、まだ手描きと言うことでしょうから、字消し板は必需品ですね。
写真のもの以外にも「網状」のものとか、愛用していたものがありますが、「鉛筆」を使うのは、メモやスケッチだけになってきたので、字消し板を使う機会が無くなりました。
とは言え、最近引き出しを片付けたら、沢山テンプレートが出てきたので、一応、捨てずにまとめてしまってあります。

投稿日
2010/01/16
投稿者
udf
URL
URL
コメントの編集
編集

拝見しました

ツクバネ工業はおじいちゃんの会社でした 懐かしくコメントしました

投稿日
2012/02/12
投稿者
こうだ
URL
URL
コメントの編集
編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/528-5824d9a6

ページナビ