udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

水の茶室・鉄の茶室

:: Posted at 2008-0416 20:25 | design | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[design] 水の茶室・鉄の茶室

MA 0
展覧会チラシ:表
MA1
展覧会チラシ:裏(今回の「水の茶室」とは余り直接イメージが繋がらないが・・・、どちらかと言うと「SHUN-KAN」の方か・・・。)
MA3
3階の「鉄の茶室」、新宿パークタワーの「由庵」もこのようなイメージ。
MA1988
20年前のギャラ間の展覧会のパンフレット、建物は「OLD NEW」。

ギャラリー間」での杉本貴志氏の展覧会。「間」で2回展覧会を開く例は少ないと思うが、ちょうど20年前の1988年3月~4月に「線・空間」と言うテーマで一度展覧会が開催されている。その時代から「」を使ったデザインが際立っていたと思う(ギャラ間のアーカイブ参照)。今回は茶室が2つ展示されている、一つは今までのように、鉄を「結界」として使ったような形のもので、一見して「スーパーポテトだ!http://www.superpotato.jp/」と言ったもの。茶道具(風炉・釜・水指)も杉本氏の作品と言っていた。鉄の茶室の「花入れ」と「水指」は古い消火器などの廃材とのこと。やはり風炉と釜は違うかもしれない。
圧巻は「水の茶室」、ワイヤーを使って特殊な水が「水滴」として絶えず流れ落ちているが、それをライトアップして、あたかも「光の滴」が空間を形作るかのように流れ落ちている。これはかなりなものだが、茶室空間に入ると距離感が曖昧になるので、気をつけないと足元の照明トラフに躓きそうになる、それほど非日常的な空間になっている。こちらの茶道具は使うことを想定したものではなく、空間を演出するための道具立て、といった感じだ。風炉は透明のアクリルで出来ている(作るのは、鋳型に流し込むのだろうか)、水指は不思議なことに光っていて、これも実際に水が入るのかは??? 光源であるとすると移動できない可能性もある。この「水の茶室」は一種の空間のデモンストレーションなのかもしれない。お茶を楽しむ空間と言うより、空間を楽しむための空間? でもきっと使えそうな気もする。細かなことを言えば床とかが無いような・・・、「鉄の茶室」は一種の「織部床」なのかもしれないが、水の茶室については、空間に気を奪われて「花入れ」などが有ったのかさえ記憶に無い。もう一度行かないといけないかもしれないが、展示された茶室を使って茶会があるので、その時でも良いかもしれないが・・・。
■会期:2008年4月5日~5月31日
■会場:ギャラリー・間http://www.toto.co.jp/gallerma/ex080405/index.htm
■時間:11:00~18:00(金曜日のみ19:00まで)
■休館:日・月曜日・祝日
■入場無料


[design] WEST

WEST3
「iF」の金賞をもらったことを書いた小さなパンフレット、デザイン内容ともなかなか良いと思う。(この頁は「主張しないことを、主張したデザインの誕生。」)

WEST PP1
プッシュ・プルドアハンドル、実物を見ないとなかなか分からないがなかなか良い、ただしビスの見え方がどうか?

WEST1
展示会の「お土産」アルミのキーホルダー!


久しぶりに「WESThttp://www.west-lock.co.jp/のショールームへ行った。当初は渋谷の六本木通りに面してショールームがあったが、現在は明治通り沿いで渋谷警察の少し先にある。今日から展示会で、何点か新作が出ている。「WEST」はデザインが好きなので使いたいと思っているが、なかなかうまい具合に「採用」にならない。さいたま新都心の郵政庁舎で使おうと思ったが、キーのシステムが上手く行かず、結局諦めたが、その後も住宅で使おうとしたが、コスト的に微妙に折り合わずいまだに使っていない。
素材的にはアルミにこだわっているので、亜鉛ダイキャストを使うメーカーと、価格競争となるとチョッとキツイ面もある。予算さえ許せば当然アルミのものとなる訳だが・・・。
ドアハンドル以外にもドア・チェーンやスライドボルトのデザインも良い。今回の新作はチョッと存在感がありすぎるような気もするが、それもまあ好みの問題だろう。今回目を引いたのは、室内用のPush-Pull Handleで「939」と言うタイプ。今まで余り見たことの無い形をしている、使い勝手もまずまずなので面白いような気もする。でもまあ、何と言っても「Agaho」のスタンダードのもののデザインが良いことは間違いないようにも思う。
■東京展示会:4月16日~18日 10:00~17:00 東京ショールーム(渋谷区渋谷3-12-18渋谷南東急ビル1F)


[days] 抹茶ミルキー

抹茶ミルキー
中身を出したものが一粒入っているので分かるかも知れないが、普通のミルキーと抹茶部分が半々になっている。勿論、中身はもっと多い。

■今日は午前中「新宿御苑前」の事務所で打ち合わせ。1時間半の予定が30分で終わった、良いのか悪いのか?少し文書を修正して今週中にまとめる予定。途中でローソンに入ったら、「抹茶ミルキーhttp://fujiya-milky.com/jouhou/index.htmlの袋入りなるものが沢山置いてあったので早速購入。「特濃抹茶ミルク」も「国会議事堂前」駅の売店に売っていたのであるだけ買っておいた。最近は「バナナ」や「苺」の「特濃ミルク」ばかりでなかなか「抹茶」を見かけることが無い。
■帰りに乃木坂のギャラ間に回って、その足で「WEST」の展示会に行ってみた。
■帰宅後、【BWU】に持って行く模型などを車に積み込む。レジュメのデータは朝のうちにメールで送っておいたので準備はとりあえず良いか。【katsura-house】の修正図面データも朝のうちに送っておいたが、基本設計者もいろいろ忙しく、なかなかうまく進まない面もある。

更新日
2008-0416
カテゴリ
design
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/557-672e10f8

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。