udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

1・Design For The next

:: Posted at 2008-0419 20:52 | design | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[design] 1・Design For The next

デザインハブ-1
チラシデザイン:勝井三雄氏・・・「1」のデザイン

デザインハブ-2
チラシの裏:「1」にまつわる色々な話が「デザイン」されている

東京ミッドタウン・デザインハブ第9回企画展。「デザインハブ」は東京ミッドタウンのオフィス棟にあるので、チョッと行きにくい感じが有るが、会場の広さも手頃だし、以前見に行った「切手展」の展示もなかなか良かった。
今回はオープン1周年記念と言うことで、「1」をデザインするというもの。ホームページによれば、

未知なる世界の扉を開く初めての第一歩、あるいは今まさに、新たな一歩を踏み出そうとする、未来に向けたファースト・ステップ。ここではさまざまなデザインフィールドの第一線で活躍する30組のクリエイターが、それぞれの「1 -Design For The Next-」を表現します。

と言うことになるようだが、30組の中には「みかんぐみ」や「橋本夕紀夫」氏が入っているところを見るとグラフィックデザインに限ったものではないようだ。
チラシからチョッと面白い「いち」を挙げておくと、【リサイクルの「1」・・・ペットボトルには回収の指標として「1」と印されたマークがついています。これはアメリカのプラスチック工業会の分類「SPIコード」に基づき、製品がポチエチレンテレフタレート製であることを示しています】とあるがこんなところまでアメリカの基準が幅をきかせているのにチョッとビックリ。
他にこんなことも、【ピン(pinta=ポルトガル語で点の意)(1)カルタ・采の目などの一の数。(2)はじめ。第一。最上のもの。反対語:キリ・・・・・・『広辞苑』岩波書店より】
■会期:2008年3月29日~5月11日
■会場:東京ミッドタウン・タワー5F デザイン・ハブhttp://www.designhub.jp/exhibition.html
■時間:11:00~19:00
■会期中無休
■入場無料


[design] マッダレーナ・シストの世界

マッダレーナ-1
インテリアエレメントが色々書き込まれたイラストのチラシ

マッダレーナ-2
チラシの裏:色々なイラストとともに、本人の「モガ」風の写真もある

面白いイラストレーションのチラシだったので貰ってきた。サブタイトルは「イラストで綴るイタリアンデザイン、ファッション、トレンドの変遷」と言うもの。インテリアとファッションが融合したようなイラストで、それもかなりデフォルメされたものもあって面白そうだ。
イラストそのものも面白いが、著名なデザイナーの作品もたくみに書き込まれている。マッダレーナ・シスト氏は「建築家としても活躍していた」ということなので、なるほどと納得してしまう。初めて名前を聞くデザイナーだが、「国際的にも著名なイタリアきってのイラストレーター」と言うことなので、まあ、こちらの知識不足もはなはだしいということのようだ。
建築家の名前は少しは知っていても、いろいろな分野のデザイナーやアーティストの名前はほとんど知らない。大体「国際的に著名」と言うのはどのような定義なのだろう?「その世界」の人なら知っている、といった程度だろうか、とすると、イラストレーターの人なら大体知っている、と言った感じかもしれない。
「Shiodomeitalia」と言うところには一度行って見たいと思っているが、なかなか行く機会がない。まあ、機会は作らないといけないが。
■会期:2008年2月29日~5月25日
■会場:Shiodomeitaliaクリエイティブ・センターhttp://www.shiodomeitalia.com/
■時間:11:00~19:00(入場は18:30まで)
■休館:月曜日(ゴールデンウィークは変則的なのでホームページ参照http://www.shiodomeitalia.com/modules/mostre01/index.php?id=19
■入場無料


[days] オープンハウス見学

コートハウス-1
オープンハウスの住宅外観:エントランス(南)側、「外」から見えるのは将来的にはこの面だけになるようだ(屋根の途中が切れている部分が中庭で、内部は結構開放的に出来ている)
コートハウス-2
北側外観、家が建つことを想定して、窓は最小限に抑えてある
チョコ-2
お土産:スタッフに女性もいるので表参道駅構内の「紀ノ国屋」で!

チョコ-1
こちらは極々近しい知人その6(?)からもらったチョコ(コーヒー豆にチョコレートがコーティングされている)「サザ・コーヒーhttp://www.saza.co.jp/

■昨日は午前中、新宿御苑前の事務所で短時間打ち合わせ。その後、丸の内線で東京駅に回り「TAKEO PAPER SHOWhttp://udf.blog2.fc2.com/blog-entry-552.htmlを見る。昨年は行かなかったが、それ以前のSPIRALでの開催の時もかなり混んでいたが、今回は学校の授業で学生さんを連れてきているところもあり、やたらに混んでいてほとんど見ることが出来ないというか、余りゆっくりすることが出来なかった。今回はいろいろな企業のバックアップで、オリジナル文房具のパッケージセットを50種類の紙や印刷でデザインし展示解説するというもの。それぞれのデザインや紙など面白かったが、その文具を入手するのはかなり困難なようだった。
その後、極々近しい知人のお見舞いに大宮の病院に。面会時間ギリギリまでいたが、なかなか良い方向には行かない。こうすれば良くなるのではないかと思われるのだが・・・、なかなかその辺りが難しい。少し病院側にもこちらの考えを伝えなければならないのではないかと思うが・・・。
■今日は知人の設計事務所の設計した、セルフビルド(半分程度?)の住宅のオープンハウスに南流山まで出かけた。昨夜帰宅したら「急ですが明日オープンハウスします」と言うメールが入っていて、体調と相談しつつ結局見に行った。TXに乗るのは初めてだが、快速で北千住から南流山まで1駅という速さ。
建物は中庭を持った一部2階の大変楽しいものだった。いつもながら、この設計事務所の設計は空間構成が面白く、今回も、片流れの断面でその中間に中庭が入るという面白いもの。やはり建築は空間がダイナミックだと面白い。

更新日
2008-0419
カテゴリ
design
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/558-b435bd45

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。