udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

坂倉準三/前川國男/木造モダニズム展

:: Posted at 2008-0427 21:57 | 建築 | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[建築] 木造モダニズム展

パンフレット表紙
展覧会のパンフレット表紙:先日、JIAの会議のときに配られたものだが、良くできたパンフレットで、それだけでも一見の価値がある。全14頁

坂倉
坂倉準三氏の紹介頁
飯箸邸
飯箸邸

前川
前川國男氏の紹介頁
前川邸
移築されている前川邸。

同時代-
同時代のモダニズム建築10選(木造建築)-1
同時代-2
同時代のモダニズム建築10選(木造建築)-2

年表1
年表:上が「リージョナリズム」下が「インターナショナリズム」
年表2
インターナショナリズムの部分はほぼ「逓信建築」と「郵政建築」で占められている。戦前および戦後間もない間の「逓信・郵政建築」の力が感じられる年表!


展覧会の名称は「坂倉準三/前川國男/木造モダニズム展」と、言うことで日本の近代建築の二人の「巨匠」の木造建築、具体的には二人の「木造住宅」を通して、世界でも珍しい「木造によるモダニズム」の紹介ということか・・・。
紹介されているのは、坂倉準三氏の「飯箸邸」と前川國男氏の「前川邸」。「前川邸」についてはよく知られているように、「江戸東京たてもの園http://www.tatemonoen.jp/about/intro.html」に移築保存されている。
「飯箸邸」については、「せたがや街並保存再生の会http://www2.ttcn.ne.jp/~setagayamatinami/」などが保存に向けた活動をしていたようだが、「今泉篤男邸(旧飯箸邸)を公的建物として移築する事業は力及ばず不調に終わりましたが、今夏、民間の手により旧邸の一部部材を使用して信濃追分にレストランとして復元されました。」と言うことのようだ。
やはり住宅となると、ますます保存が難しいということだろうか。「江戸東京たてもの園」も既に満杯らしいので、今後の近代建築等の保存再生はますます難しい状況ということになるのだろう。国をはじめ自治体にしても、「文化」に対する認識の低さは目に余るものがある。
肝心の展覧会だが、東陽町にある竹中工務店東京本社1階の「A4(エー・クワッド)http://www.a-quad.jp/main.html」で開催される。以前にも何回か紹介しているが、見に行ったのはまだ2,3回程度だけ、今回は何とか行きたいものだ。
■会期:2008年4月22日~6月3日
■会場:竹中工務店東京本社1階「エー・クワッド」
■時間:10:00~18:00
■休館日:日曜日・祝日
■入場無料


[days] ミラノ・サローネ便り

箱一杯のパンフレット
箱で届いたミラノサローネのパンフレット+DVD(さすがにDVDが混ざり始めている)
ポスタータイプ
ポスタータイプのパンフレット、ミシン目が付いていて切り取れるようになっている。
折りたたみタイプ
折りたたみ式のパンフレット、いろいろ工夫している。
綴じ込み式
折りたたんでゴムバンドでとめているタイプ。
綴じ込み式2
広げると結構な情報量になっている(ゴールドとグレーの2つ組)
Boffi-1
Boffiのコンセプトカタログ(本)
Boffi-2
Boffiの「超ミニマム」キッチン!
Boffi-3
使うときは「蓋」を開けて使うようだ!かなり綺麗だ!!


■先日、イタリアの親しい知人(ミラノの建築家、勿論イタリア人だが親戚)から、郵便が送られてきた。何故か、決まってビニールのガムテープで、まったく隙間無く梱包されてくるので、「荷姿」で、「おっ、来た!」とすぐに送り主が分かる。時期的にミラノ・サローネの後にすぐ送られてくるので、サローネの情報だということもすぐに分かる。イタリア人らしくとても陽気で楽しい人だ。今年は箱に入る大きさのパンフレット類に厳選されていた。パンフレットがいろいろ工夫されていて、それ自体でも十分楽しめる。今回は「Boffi」のブックレットがなかなか興味あるものだったが、他にもいろいろ楽しいものが詰まっていた(画像参照)。
■先日、知人の結婚式が明治神宮で行われ、参加者を送って車で神宮の神楽殿まで行ったが、都心にこのような「森」が残っているのはちょっとした「奇跡」と思われるぐらい、立派に木が育っている。それに施設の充実さにちょっと驚き!
■この間は【BWU】、「Home-A」のサポート、大宮の病院にお見舞いと、家に居る時間が余り無いが、時間を見つけて【katsura-house】の図面修正に追われている。図面修正はいつ終わるとも無く続いているが、そろそろまとめて模型の作成にかからないと、時間切れになってしまう危険性がある。
■設計を手伝う予定だった知人から連絡が有り、先方でどうやら何とか進めているようで、先日電話がああリ、模型写真が送られてきた。なかなかシンプルで良いのではないかと思うが、携帯電話で写した写真のようで、良く分からないところもある・・・。
■今日は、「スタイル・ハウジングEXPO」の「Home-A」のブースに手伝いに行ったが、結局うろうろと会場見学する時間が長くなってしまった。「ガレージEXPO」と言うイベントも一緒に開催されていたので、いくつかブースを見てみたが、車の車庫内での排気設備といった、面白い展示がいくつか有った。ハウスメーカーや設計事務所のブースもあり、チョッと変ったイベントだが結構面白かった。
■このところ建築以外の用事も多く(「このところ」ではなく、「ずっと」だが)、なかなかblogが書けない・・・。
更新日
2008-0427
カテゴリ
建築
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/560-a270cba5

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。