udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

ヨーロッパの近代工芸とデザイン展

:: Posted at 2008-0510 22:34 | design | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[design] ヨーロッパの近代工芸とデザイン展

工芸館1
チラシ・表
工芸館2
チラシ・裏:アールデコ中心と言っても、ミュシャのポスターもあったりする!


竹橋にある「国立近代美術館工芸館http://www.momat.go.jp/CG/cg.htmlの収蔵品展。チラシによると(ホームページにも同じ内容の説明があるが)、「工芸館では、近代デザイン史上重要な作品の収集と展示を心がけてきました。・・・、中でも力を入れてきたアール・デコのポスターを中心に、以下の3部で構成します。」と言うことで、知らなかったが、「国立近代美術館工芸館」ではアール・デコのポスターを集めていたようだ。
アール・デコのポスターと言えば、やはりカッサンドルhttp://www.agfit.net/htm/cassandre.htmのものが真っ先に思い浮かぶが(他のものが頭に浮かばない!)。中でもDUBONNET(デュボネ)ワインの宣伝のもの(キャットストリート近くのスタバの横に鉄板を切り抜いたものが立っているのでも印象が強いが)や、列車のNord Express、汽船のNormandieなどは特に有名だが、今回の展覧会にもカッサンドルの作品があるようだ。
展覧会は以下の3部構成となっているが、テーマを見ると結構面白そうな気がするが・・・。
1.アール・ヌーヴォーからアール・デコへ、2.アール・デコの時代Ⅰアール・デコの精華、3.アール・デコの時代Ⅱ日本への影響
■会期:2008年5月20日~7月6日
■会場:国立近代美術館工芸館
■時間:10時~17時(入館は閉館30分前まで)
■休館日:月曜日
■入場料:一般200円、大学生70円


[days] メガネケース

メガネケース1
伊豆高原駅の駅の建物には何故か眼鏡屋さんが入っていて、ケースが結構豊富に置いてある、でも何故だろう?何故か犬の形をした物を購入してしまった。黒いサングラスを入れるにはチョッと変だったかも・・・。
メガネケース2
まあ、似合わないこともないか・・・?

■しばらく前になるが、伊豆高原に休養に行ったときに、メガネケースを買った。余談だが、その時、伊豆高原駅の「ヤマモモ」のお店で「王様のブランチ」の撮影をしていたのを見たが、結構地味な感じで撮影していた。「王様のブランチ」といえばいつだったか、「姫」が松屋の前で撮影している時に、うかつにも写真を撮ってフラッシュが光ってしまい、スタッフに怒られた苦い経験があるが・・・。大事にしていた「白山眼鏡」のケースを失くしてしまい(後から出てきたが)、サングラスを入れるものが無くなったので買ったわけだが、チョッと失敗だったかもしれない(写真参照)。
■【katsura-house】の図面修正、既に実施設計に入っているはずなのだが、基本設計者はまだCADの修正図面でスケッチをしている状態なので、かなり進捗が心配。今日は外出をやめて図面を書いているが、かなりややっこしい断面だったり、プランを少し直したら、収納扉の割付を、3回も書き直す羽目に陥ったり、チョッと疲れているせいかスピードが上がらない・・・。
■気分転換にお茶を飲みがてらテレビをつけたら「シャーロック・ホームズの冒険」を放送していた。2ch、5ch、9chの放送予定は目茶苦茶だ!「赤毛のアン」の放送時間もグチャグチャなので、かなり怒っている人が1名ほど居る・・・。

更新日
2008-0510
カテゴリ
design
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/564-3dec2325

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。