udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

岡本一宣の長崎じまん展

:: Posted at 2010-0916 17:13 | design | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
[design]岡本一宣の長崎じまん展

MG-1
DM:カステラだと思うが上に乗っているのは・・・?

MG-2
DM(裏)

前回の「銀座目利き百貨街」に続いて、日本デザインコミッティーhttp://designcommittee.jp/が主宰する、松屋銀座「デザインギャラリー1953」での企画展。このギャラリーでの展覧会は紹介する機会が多い、コンパクトな会場だが企画の内容に興味のあるものが多いのと、「松屋銀座」で買い物をすることが比較的多いので、ギャラリーとしては一番行きやすい存在になっている。
日本の地場産業や観光資源とデザインとの関係を取り上げていると言えば、「D&DEPARTMENT PROJECThttp://www.d-department.com/jp/ナガオカケンメイ氏と言うことになると思うが、今回の企画も担当はナガオカケンメイ氏。「47都道府県の応援団http://www.d-department.com/jp/project/d-design-travel/47reasons/と称して、様々な地場産業等の紹介を行っており、「d design travelhttp://www.d-department.com/jp/project/books-cds/d-design-travel/などの書籍も出版している。
展覧会の紹介が「D&D」の話になってしまったが、展覧会は「長崎」を取り上げている。

日本のものづくりや、観光を新しい世代に向けて若返らせていくというこれらの重要な仕事において、デザインが果たす役割の大きな可能性を岡本一宣さんによる長崎の仕事で強く感じて欲しい。わかりやすくその土地のビジョンや魅力を伝え、そこに行きたい!!と思わせる技術がここにある。展覧会担当/ナガオカケンメイ

DMの案内文
岡本一宣http://www.issen.co.jp/は、長崎出身のグラフィックデザイナーhttp://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/cover2/071114_stationery_01/index.htmlで、「長崎の情報を岡本氏の目線で編集したガイドブック「長崎インサイドガイド」がこの秋刊行されます。(発売予定10月上旬)」とのこと。
■会場:松屋銀座7階「デザインギャラリー1953」 http://designcommittee.jp/information/2010/6691953.html
■会期:2010 年9月17日(金)~10月11日(月)
■時間:10:00~20:00(最終日:~17:00)
■入場無料



[design]「トットリに行ってみつけたもの

Cとっとり
展覧会チラシ

C-1
CLASKAパンフレット(B6判?が横に4枚つながったような形のB6判、画像は半分広げた感じ:以下同様)

C-2
パンフレット部分(左:レストラン&バー「KIOKUH」、右:ギャラリー&ショップ「DO」)

C-4
パンフレット(外観・客室)

C-3
パンフレット部分(客室・ギャラリーなど)

ギャラリーとは余りなじみが無いかもしれないホテル、それも比較的コンパクトなホテルにあるギャラリーでの展覧会、こちらは「鳥取県」がテーマhttp://www.claska.com/blog/2010/09/post_417.html。場所は東横線学芸大学駅から目黒郵便局を目指して目黒通りに出て左に少し行ったところ、言葉で説明するとそんなところか。ホテルCLASKA http://www.claska.com/のギャラリー「DO」での展覧会、ショップも併設されているので「鳥取土産」を買うこともできそう。
CLASKAは旧「都市デザインシステム」によるホテルのリニューアルの成功例ではないかと思う。CLASKAについては以前何回か話題にしたことが有るがhttp://d.hatena.ne.jp/udf/20040820、レストランや、特に客室に個性があって面白いホテルだと思う。オープンの頃、東京建築士会の目黒支部の見学会に同行して、主な客室を見せてもらったが、シングルもツインも一度は泊まってみたいような部屋がそろっている、滞在型の部屋も有りそこも楽しそうだ。
今回の展覧会は「CLASKA Gallery&Shop”DO”」のディレクター大熊健郎氏の「みたて」で、鳥取を中心に島根や岡山の「とっとりあたり」の旅で見つけた品々が迎えてくれるようだ。
場所が地理的にチョット行きにくいところなので、目黒通りのインテリアショップ等を見ながら訪ねてみるのも良いかもしれない。
■会場:ホテルCLASKA
■会期:2010 年9月18日(土)~10月11日(月)
■時間:11:00~19:00
■入場無料


*[days] 暑気払い・attivo

ATTIVO
attivo:内部(インテリアは特筆すべきものは無いような・・・)・attivoのホームページより

■先日吉祥寺の「attivohttp://www.osteria-attivo.com/index.htmlと言うイタリア料理のお店で、暑気払いをした。場所は黒川哲郎氏のデザインした「駐輪場」の少し先(途中に変わった古道具屋さんが有る)。美味しいし極めて良心的な価格設定!暑気払いをしたところで、いきなり涼しくなってきたが、これで順調に秋になるのだろうか?夏風邪がもう10日も治らないので、急な気温の変化には気を付けないと!
更新日
2010-0916
カテゴリ
design
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/726-9eb1ba0c

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。