udf weblog
建築を中心としたアート関連の雑記です。

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT.

スポンサーサイト

:: Posted at ------- --:-- | スポンサー広告 | - | - | URL | TOP | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
-------
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

猿楽祭

:: Posted at 2005-1108 17:13 | art | TrackBack(0) | Comment(0) | URL | TOP | EDIT
猿楽祭

[art]代官山インスタレーション2005
代官山周辺に一時的なアート≒インスタレーションを「展示する」イベント、今回で4回目になるようだ。参加者を募集し、審査して選出する公募型アートイベントで、審査員は槇文彦氏・中原佑介氏・川俣正氏の3名。
槇文彦氏は事務所をヒルサイドテラス・ウエストに構え、30年余り代官山の街づくりを、朝倉氏とともに行ってきた建築家であるし、川俣忠氏は何年か前に代官山で「工事中」のインスタレーションで、メジャーデビュー?したアーティスト。中原佑介氏が審査員に加わっているのは、美術評論家の仕事として当然と言えば当然なのだが、代官山との固有の関係については知らない。
10点の作品が選ばれているようで、毎回街の中ならではと言った作品も多く見ることが出来る。今回がどのようなことになっているかは、公式サイト参照のこと⇒http://www.artfront.co.jp/dinsta2005/
「代官山インスタレーション2005」自体は、アートフロントギャラリーが中核になって行っている「猿楽祭http://www.daikanyama.ne.jp/topics/05100401/topics.htmlのイベントの一つと言う事になる。勿論、「猿楽祭」はヒルサイドテラス内の「猿楽塚」から来ている。この地域が「猿楽町」と言うのはこの「猿楽塚」からきていると言うことは良く知られているが、「猿楽塚」の名の由来を説明しているものは余り見たことがない。
渋谷区のHPには、

猿楽(さるがく)
鎌倉時代に、源頼朝がこの地で猿楽を催し、その道具を埋めたから、と言われています。
また、ここが風景の良い所だったので、昔、長者が宴を行い心のウサを晴らしたので「去ヶ苦」と言われ、後に「猿楽」と記すようになった、とも伝えられています。
いずれにしろ、猿楽塚という塚が地名の由来です。

しかし、当の「猿楽塚」が古墳であると言われているので、話が若干ずれているような気もする。
まあ、細かなことは別にして、TDWの後は「猿楽祭」と言う事になるのかならないのか・・・。ローカルにのんびりと楽しめればよいのではないか。
猿楽祭MAP



[Days]外出
■午前中、模型撮影の立会いに。予定の人数の半数しか来なかったようだが、結構力作が有るので最終的な、ボードによるプレゼンテーションも楽しみ。
■夜、OBの還暦祝いがあり渋谷で会食の予定。
更新日
2005-1108
カテゴリ
art
この記事へのコメント
Comment: 0
トラックバックはこちらから
Trackback: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://udf.blog2.fc2.com/tb.php/83-869cb553

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。